2016.04.05 | ニュース

大腸がんの5年生存率、ステージI~ステージIVでどう違う?

2,889人の生存データから

from Cancer epidemiology

大腸がんの5年生存率、ステージI~ステージIVでどう違う?の写真

大腸がんは早い段階で発見して治療すれば比較的良い結果が得られます。進行していた場合と比べてどれぐらいの違いがあるのでしょうか。最近の統計データが報告されました。

◆2006年から2011年のデータを解析

スペインの研究班が、がん無制限に増殖して周囲へ広がる、異常な細胞(がん細胞)による病気。塊となって腫瘍を作る固形がんと、白血病のように血液中にがん細胞が存在する血液がんがある登録のデータの解析を行いました。2006年から2011年に大腸がんと診断された人を対象として、その後の経過と生存期間を調べ、大腸がんの進行の度合い(ステージがんの進行の程度を示す言葉。がんの大きさや広がり、リンパ節転移の有無、他の臓器への転移の有無などで決定され、治療方法に影響する)ごとに分けて生存率を計算しました。

 

◆ステージIなら83%

次の結果が得られました。

2,889件の症例が同定され、うち41.7%が女性、58.3%が男性であり、平均年齢は70.5歳だった。

ステージごとの5年生存率診断、治療開始から5年経過後に生存している患者の割合。命に関わるがんなどの病気で用いられることが多い数値は多重代入法ののち有意データを分析して導かれた結果が、偶然ではなく「意味が有る」必然的な値であると推測できることに変化し、ステージIでは83%、ステージIIでは73%、ステージIIIでは62%、ステージIVでは16%と推定された。

大腸がん患者2,889人のデータが得られました。そのうち女性が41.7%で、全体の平均年齢は70.5歳でした。この集団のデータを解析したところ、ステージごとの5年生存率は次のように計算されました。

  • ステージI:83%
  • ステージII:73%
  • ステージIII:62%
  • ステージIV:16%

 

患者の体質の違いや医療環境の違いによって、日本では多少違うことも考えられますが、最近のデータとしてひとつの目安にできるかもしれません。

執筆者

大脇 幸志郎


参考文献

Colorectal cancer survival by stage of cases diagnosed in Mallorca, Spain, between 2006 and 2011 and factors associated with survival.

Cancer Epidemiol. 2016 Apr.

[PMID: 26828896]

*本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。 [執筆者一覧]