2016.02.01 | ニュース

低カロリー飲料を飲む人は食事バランスがよい

1,590人のデータから
from Nutrients
低カロリー飲料を飲む人は食事バランスがよいの写真
(C) M.studio - Fotolia.com

甘味料などでカロリーを抑えた飲み物はかえって高カロリーの食事につながるという説があります。食事全体のバランスは、低カロリー飲料を飲むことで良くなるのでしょうか。食習慣の調査をもとに解析が行われました。

◆飲み物と食事バランスの関係は?

研究班は、イギリスで行われた食事の質の調査のデータを使い、1,590人を対象に、飲み物の習慣と、全体としての食事の質の関係を調べました。

飲み物の習慣は4種類に分類しました。

  • ソフトドリンクを飲まない
  • 低カロリー飲料を飲む
  • 糖類を加えた飲料を飲む
  • 低カロリー飲料と糖類を加えた飲料の両方を飲む

 

◆低カロリー飲料を飲む人は食事バランスが良い

次の結果が得られました。

微量栄養素の摂取量と食品の選択から、低カロリー飲料を飲む人とソフトドリンクを飲まない人は、糖類を加えた飲料を飲む人と両方の飲料を飲む人に比べて、食事の質が高いことが示唆された。同じ人で日毎の違いを見ると、糖類を加えた飲料、牛乳、フルーツジュース、アルコールを飲むことはすべて、エネルギー摂取量の増加と関連した。他方、低カロリー飲料と紅茶、コーヒー、または水はエネルギー摂取量の変化と関連がなく、高カロリー飲料を置き換えた場合にはエネルギー摂取量の減少と関連した。

ソフトドリンクを飲まない人、低カロリー飲料を飲む人は、肉や糖質を食べる量が少なく、魚、野菜、果物などを食べる量が多い傾向があり、食事の質が高いと見られました。また、同じ人が低カロリー飲料を飲んだ日とほかの日を比べると、一日で摂取したカロリーは増えていませんでした。

 

この結果からは、低カロリー飲料を飲む習慣がある人はもともと食事に気を付けているなどの可能性も考えられますが、良い傾向はあるようです。さまざまな面から低カロリー飲料の評価が積み上げられることで、健康的な食事の中で低カロリー飲料が適切に位置付けられていくかもしれません。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

Low Calorie Beverage Consumption Is Associated with Energy and Nutrient Intakes and Diet Quality in British Adults.

Nutrients. 2016 Jan 2.

[PMID: 26729159]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事