2015.11.15 | ニュース

授乳中のインフルエンザ、オセルタミビル(商品名タミフル)を飲むと赤ちゃんに影響は?

オセルタミビル使用中の母乳を分析
from International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases
授乳中のインフルエンザ、オセルタミビル(商品名タミフル)を飲むと赤ちゃんに影響は?の写真
(C) tentor - Fotolia.com

授乳中に薬を使うと、薬が母乳を通じて子どもの体に入ることがあります。そのため授乳中の薬には注意が必要とされますが、インフルエンザの治療に使われるオセルタミビルは安全なのでしょうか。実際の計測値を報告した2008年の論文を紹介します。

◆オセルタミビル使用中の女性が母乳を提供

研究班は、インフルエンザをオセルタミビルで治療された女性について相談を受けました。この女性は9か月の子どもに授乳中でしたが、オセルタミビルが母乳を通じて子どもに影響を与えるかどうかを判断する根拠がなかったため、研究班によって治療期間の授乳中止を勧められました。

研究班はオセルタミビルの治療が行われた5日間に、この女性から母乳のサンプルを提供してもらい、母乳の中にオセルタミビルまたはその代謝物が含まれているかどうかを調べました。

 

◆体重1kgあたり0.012mgに相当

分析の結果、母乳に含まれていたオセルタミビルとその代謝物の量はわずかでした。乳児が1日母乳だけを飲んだ場合、最大で体重1kgあたり0.012mg程度のオセルタミビルを飲むことに相当すると計算されました。これは母親が体重1kgあたり2.5mg程度を飲んでいたことに比べると0.5%の量であり、一般に安全性の目安とされる10%を下回ることから、影響の心配が少ない範囲と見られました。

 

微量ながら母乳にもオセルタミビルが移行することから、タミフルの添付文書には「授乳婦に投与する場合には授乳を避けさせる」という記載がありますが、具体的な危険性が指摘されているわけではありません。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

Oseltamivir and breastfeeding.

Int J Infect Dis. 2008 Jul

[PMID: 18243025]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事