2015.09.24 | ニュース

クランベリーで感染症を予防、その効果は?

ミシガン大学、160人のランダム化試験
from American journal of obstetrics and gynecology
クランベリーで感染症を予防、その効果は?の写真
(C) M.studio- Fotolia.com

クランベリーは免疫を調整する作用が知られています。アメリカのミシガン大学の研究班が、尿路感染症を起こしやすい手術のあとにクランベリージュースのカプセルを使って、感染症を予防する効果を調べました。

◆6週間のクランベリーカプセル

研究班は、婦人科の手術を受ける女性160人を対象として、手術後6週間、クランベリージュースのカプセルを飲むグループと、偽薬を飲むグループにランダムに分け、尿路感染症の頻度に違いがあるかを調べました。

 

◆クランベリーで尿路感染症が減少

次の結果が得られました。

尿路感染症の発生率は、偽薬群に比べてクランベリー治療群で有意に低かった(80人中15人[19%] vs 80人中30人[38%]、オッズ比0.38、95%信頼区間0.19-0.79、P=0.008)。

有害事象の発生について、胃腸の不調を含めて(クランベリー群で56%、偽薬群で61%)治療による差はなかった。

クランベリージュースのカプセルを飲んだグループのほうが、尿路感染症が少ないという結果でした。

 

感染症対策のため、クランベリージュースの効果として参考になる結果かもしれません。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

Cranberry juice capsules and urinary tract infection after surgery: results of a randomized trial.

Am J Obstet Gynecol. 2015 Aug

[PMID: 25882919]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。


MEDLEYニュース新着記事