2015.08.20 | ニュース

がんで疲労の症状が出ている人が、ダンスで身体機能改善

ランダム化比較試験により検証
from Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer
 がんで疲労の症状が出ている人が、ダンスで身体機能改善 の写真
(C) Robert Kneschke - Fotolia.com

がん患者において、疲労は生活の質を下げうる重要な症状のひとつです。今回の研究は、がんによる疲労の症状がある人がダンスクラスを受講したところ、疲労が改善したということを報告しました。

◆ダンスを行う群と通常ケアを受ける群にランダムに振り分け

がん治療を受けており、中等度から重度の疲労感を持つ患者40名を、介入群と対照群にランダムに分け、効果を比較しました。介入群は、カウンセリングに加えて5週間で10回のダンスレッスンを受講し、対照群は通常ケアとカウンセリングを受けました。

 

◆10回のダンスレッスンで疲労感が改善

調査の結果、以下のことを報告しました。

介入群では(ベースライン:平均±SD 5.95±1.701、研究の最終時期:3.8±1.542、p=0.001、36%の減少)、対照群(ベースライン:4.95±0.999、研究の最終時期:5.0±1.556、p=0.887)と比較して、がん関連疲労感に有意な改善が見られた。その効果は、情緒機能や社会機能、身体機能と同様であった(p<0.05)。

10回のダンスレッスンで、がんによる疲労感、情緒面や身体機能などに改善効果が見られました。

 

筆者らは、「ダンスはがん関連疲労感の治療に適しており、効果的なアプローチであるかもしれない。」と結論づけています。 その効果のメカニズムは明らかではないですが、ダンスの楽しさや適度な運動が関係しているのかもしれません。

執筆者

Shuhei Fujimoto

参考文献

Effect of dance on cancer-related fatigue and quality of life.

Support Care Cancer. 2014 Aug

[PMID: 24671434]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事