アンブリセンタン錠2.5mg「サワイ」 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
アンブリセンタン錠2.5mg「サワイ」
後発

アンブリセンタン錠2.5mg「サワイ」の基本情報

アンブリセンタン錠2.5mg「サワイ」の概要

商品名 アンブリセンタン錠2.5mg「サワイ」
一般名 アンブリセンタン錠
薬価・規格 1757.2円 (2.5mg1錠)
薬の形状
内用薬 > 錠剤 > 錠
内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
製造会社 沢井製薬
YJコード 2190031F1040
レセプト電算コード 622882201
添付文書PDFファイル

アンブリセンタン錠2.5mg「サワイ」の主な効果と作用

  • 肺動脈の血圧を下げ、血管が狭くなるのをおさえる働きがあります。
  • 肺高血圧症を治療するお薬です。

アンブリセンタン錠2.5mg「サワイ」の用途

アンブリセンタン錠2.5mg「サワイ」の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

呼吸困難、過敏症反応、血管性浮腫、発疹、頭痛、めまい、潮紅、動悸、低血圧、鼻閉、鼻出血

起こる可能性のある重大な副作用

貧血、ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少、心不全、体液貯留、間質性肺炎、間質性肺炎増悪、咳嗽、発熱、肺音異常、捻髪音

上記以外の副作用

喀血、副鼻腔炎、鼻咽頭炎、便秘、悪心、腹痛、嘔吐、トランスアミナーゼ上昇、末梢性浮腫、疲労、白血球減少、無力症、視覚障害、霧視、眼窩周囲浮腫

アンブリセンタン錠2.5mg「サワイ」の用法・用量

  • 通常、成人にはアンブリセンタンとして5mgを1日1回経口投与する
    • なお、症状に応じて1日10mgを超えない範囲で適宜増量する
  • (用法及び用量に関連する注意)シクロスポリンと併用する場合には、本剤は成人1日1回5mgを上限として投与すること〔10.2、16.7.4参照〕
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

アンブリセンタン錠2.5mg「サワイ」の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 過敏症
    • 重度肝障害
    • 肺静脈閉塞性疾患
    • 肺の線維化
    • 間質性肺炎
    • 重度腎障害
    • 中等度肝障害
    • 重度貧血
    • WHO機能分類クラス4
    • 出血の危険因子を有する
    • 投与開始前AST・ALTのいずれかが基準値上限3倍を超える
    • 投与開始前アミノトランスフェラーゼのいずれかが基準値上限3倍を超える

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

アンブリセンタン錠2.5mg「サワイ」の注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
シクロスポリン 本剤のAUCが約2倍

アンブリセンタン錠2.5mg「サワイ」と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る

アンブリセンタン錠2.5mg「サワイ」に関係する解説

エンドセリン受容体拮抗薬

  • アンブリセンタン錠2.5mg「サワイ」は、エンドセリン受容体拮抗薬に分類される。
  • エンドセリン受容体拮抗薬とは、血管収縮作用や血管平滑筋細胞増殖作用などをあらわす体内物質エンドセリンの作用を抑え、肺動脈圧を下げ、息切れや疲労感などを改善する薬。

エンドセリン受容体拮抗薬の代表的な商品名

  • トラクリア
  • ヴォリブリス
  • オプスミット
エンドセリン受容体拮抗薬についての詳しい解説を見る