アンメルツヨコヨコ

アンメルツヨコヨコの基本情報

アンメルツヨコヨコの概要

商品名 アンメルツヨコヨコ
薬のタイプ 外用 / 第3類
製造会社 小林製薬
販売会社名 小林製薬

アンメルツヨコヨコの特徴

1.とても塗りやすいタイプです
 アンメルツヨコヨコは、容器の首の部分が曲がっているので、塗りにくい背中や腰の患部にでも、薬液がにじみ出るラバーキャップがピッタリと接し、スムーズに塗布することができます
2.どこでもむらなく適量を塗布できます
 ラバーキャップより適量の薬液がにじみ出ますので、どの患部にでも必要なだけ、適量を塗布できます
3.塗りごこちのよいさわやかな薬剤です

アンメルツヨコヨコの効果・効能

肩のこり、筋肉痛、神経痛、腰痛、打撲、筋肉のはれ、リウマチ、しもやけ。

アンメルツヨコヨコの構成成分

100mL中 サリチル酸メチル5000mg、l-メントール5200mg、dl-カンフル5200mg、クロルフェニラミンマレイン酸塩100mg、チモール700mg、ノナン酸バニリルアミド10mg

アンメルツヨコヨコの用法・用量

患部に適量を塗布してください。
<用法・用量に関連する注意>
1.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
2.目に入らないように注意すること。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けること。
3.外用にのみ使用すること。
塗布部位をラップフィルムなどの通気性の悪いもので覆わないこと。
皮ふの特に弱い人は、同じところに続けて使用しないこと。
スポーツや入浴など、汗をかく前・後に使用した場合、ヒリヒリとした刺激、痛みや熱感が増すことがあります。これらの症状が強い場合は、石けんで洗い流すと緩和します。

アンメルツヨコヨコの主な副作用

1.次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、このパッケージを持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
関係部位/    症   状
 皮ふ /発疹発赤、かゆみ、はれ、痛み、熱感、ヒリヒリ感

3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、このパッケージを持って医師、薬剤師また登録販売者に相談すること

アンメルツヨコヨコの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。