ムヒソフトGX乳状液

ムヒソフトGX乳状液の基本情報

ムヒソフトGX乳状液の概要

商品名 ムヒソフトGX乳状液
薬のタイプ 外用 / 第3類
製造会社 池田模範堂
販売会社名 池田模範堂

ムヒソフトGX乳状液の特徴

かゆみ・皮ふ炎に効く、「かゆみ肌」の治療薬です!
●かゆくなりやすい「かゆみ肌」
肌が乾燥するとたちまちかゆくなる、かゆみ止めを塗るとかゆみは止まるが、翌日にはまたかゆくなる、乾燥している間は薬が手放せない・・・。そんなかゆくなりやすい肌が「かゆみ肌」。寒さや加齢で元気を失った肌細胞はうるおい補給力が低下してしまいます。その結果、かゆみの元となる刺激からお肌を守るバリアが不足してしまう・・・。これが「かゆみ肌」を引き起こす原因です。
●そこで「かゆみ肌」の治療薬・ムヒソフトGX乳状液
ムヒソフトGX乳状液は「かゆみ止め成分」に「かゆみ肌を元気にするビタミン」をプラス配合。かゆみを止めるだけでなく、肌細胞を元気にして、かゆくなりやすい「かゆみ肌」を治療します。

[かゆくなりやすい「かゆみ肌」]
●カサカサの角質層
●元気のない肌細胞
●かゆみ刺激に敏感な神経

[かゆくなりにくい元気なうるおい肌へ]
●かゆみ止め成分
2%ジフェンヒドラミン塩酸塩がかゆみの元をブロックし、不快なかゆみを素早くしずめ、長くはたらきます。
●保湿性基剤成分
グリセリン、水素添加レシチン、フルーツ酸が、乾燥したお肌にうるおいバリアを補給します。
●「かゆみ肌」を元気にするビタミン
肌細胞を活性化するパンテノール(プロビタミンB5)と、血行を改善するトコフェロール酢酸エステルが「かゆみ肌」の治療を助けます。

ムヒソフトGX乳状液の効果・効能

かゆみ、皮ふ炎、かぶれ、しっしん、じんましんあせも、しもやけ、虫さされ、ただれ。

ムヒソフトGX乳状液の構成成分

100g中 ジフェンヒドラミン塩酸塩2.0g、パンテノール(プロビタミンB5)1.0g、トコフェロール酢酸エステル0.5g、グリチルレチン酸0.2g

ムヒソフトGX乳状液の用法・用量

1日数回、適量を患部に塗布してください。
<用法・用量に関連する注意>
1.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。なお、本剤の使用開始目安年齢は生後1カ月以上です。
2.目に入らないように注意してください。万一目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合(充血や痛みが持続したり、涙が止まらない場合等)には、眼科医の診療を受けてください。
3.本剤は外用にのみ使用し、内服しないでください。
4.よく振って使用してください。

ムヒソフトGX乳状液の主な副作用

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)薬などによりアレルギー症状(発疹発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある人。
 (3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この説明文書をもって医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮ふ    : 発疹・発赤、かゆみ、はれ
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明文書をもって医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

ムヒソフトGX乳状液の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。