パニオンコーワ錠

パニオンコーワ錠の基本情報

パニオンコーワ錠の概要

商品名 パニオンコーワ錠
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 興和
販売会社名 興和

パニオンコーワ錠の特徴

エネルギー代謝改善薬

パニオンコーワ錠はアデノシン三リン酸二ナトリウム水和物(ATP)と4種のビタミンB群を同時配合していますので、血流を増加させ、低下したエネルギー代謝を高めます。従いまして、パニオンコーワ錠は年齢や体の変調などからくる身体各所の不快な症状(全身倦怠、しびれ、むくみ、めまい、食欲不振、心悸亢進)や、たまった疲れに改善効果をあらわします。

パニオンコーワ錠の効果・効能

疲労回復、脚気様症候群(全身倦怠、しびれ、むくみ、めまい、食欲不振、心悸亢進)及び脚気、熱性疾患・消耗性疾患の補助療法。 神経痛、腰痛、背痛、関節痛、関節炎、五十肩、肩こり。

パニオンコーワ錠の構成成分

3錠中 アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物(ATP)60.0mg、チアミンジスルフィド(V.B1)24.0mg、リボフラビン(V.B2)1.5mg、ピリドキシン塩酸塩(V.B6)24.0mg、シアノコバラミン(V.B12)0.06mg <成分・分量に関連する注意> ビタミンB2(リボフラビン)により、尿が黄色になることがあります。

パニオンコーワ錠の用法・用量

次記の量を水又は温湯で服用してください。
成人(15歳以上):1回1錠。
1日3回服用。
15歳未満の小児:服用しないこと。
<用法・用量に関連する注意>
1.用法・用量を厳守してください。
2.錠剤をかんだり、つぶしたりせずにそのまま服用してください。また、制酸剤又は牛乳と同時に服用しないでください。

パニオンコーワ錠の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
関係部位・・・症状
皮膚・・・発疹発赤、かゆみ
消化器・・・吐き気・嘔吐、食欲不振、胃腸障害、口内炎
精神神経系・・・頭痛、眠気、気分が落ち着かない
その他・・・全身拍動感、耳なり、脱力感
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
便秘
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

パニオンコーワ錠の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。