イチジク浣腸10

イチジク浣腸10の基本情報

イチジク浣腸10の概要

商品名 イチジク浣腸10
薬のタイプ 外用 / 第2類
製造会社 イチジク製薬
販売会社名 イチジク製薬

イチジク浣腸10の特徴

今すぐに出したいお子様の便秘に。

イチジク浣腸10の効果・効能

便秘

イチジク浣腸10の構成成分

1個(10g)中 (局)グリセリン5.00g

イチジク浣腸10の用法・用量

1歳以上6歳未満:1回1個(10g)を直腸内に注入してください。
1歳未満:1回1個の約半量(5g)を直腸内に注入してください。
それで効果のみられない場合には、さらに同量をもう一度注入してください。
約半量の量り方:容器の中程を2本の指で軽く押し両指先が当たるまで注入してください。
なお、残りの液は衛生上の問題から廃棄してください。
<用法・用量に関連する注意>
1.用法・用量を厳守してください。
2.本剤使用後は、便意が強まるまで、しばらくがまんしてください。(使用後すぐに排便を試みると薬剤のみ排出され、効果がみられないことがあります。)
3.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
4.特に乳幼児の場合には、安易な使用を避け、浣腸にたよりすぎないよう注意してください。
5.無理に挿入すると直腸粘膜を傷つけるおそれがあるので注意してください。
6.冬季は容器を温湯(40℃位)に入れ、体温近くまで温めると快適に使用できます。
7.浣腸にのみ使用してください。(内服しないでください。)

イチジク浣腸10の主な副作用

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(流早産の危険性があるので使用しないことが望ましい。)
(3)1歳未満の乳児。
(4)高齢者。
(5)次に症状のある人。
はげしい腹痛、吐き気・嘔吐、痔出血のある人。
(6)次に診断を受けた人。
心臓病。
2.2~3回使用しても排便がない場合は、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

イチジク浣腸10の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。