かぜロビンR - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
かぜロビンR

かぜロビンRの基本情報

かぜロビンRの概要

商品名 かぜロビンR
薬のタイプ 内服 / 指定第2類
製造会社 大協薬品工業
販売会社名 キョクトウ

かぜロビンRの効果・効能

かぜの諸症状(鼻水、鼻づまり、くしゃみ、のどの痛み、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和。

かぜロビンRの構成成分

1日量(6カプセル)中 アセトアミノフェン650.0mg、エテンザミド400.0mg、クロルフェニラミンマレイン酸塩7.5mg、デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物32.0mg、ノスカピン48.0mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩60.0mg、無水カフェイン75.0mg、ゲンチアナ乾燥エキス10.0mg(原生薬換算量:100mg)、ゴオウ(牛黄)3.0mg

かぜロビンRの用法・用量

いずれも、1日3回食後なるべく30分以内に服用してください。
15歳以上:1回2カプセル。
7歳以上15歳未満:1回1カプセル。
7歳未満:服用しないこと。
<用法及び用量に関連する注意>
1.用法及び用量を厳守してください。
2.7歳以上の小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
3.カプセルの取り出し方
添付文書図のようにカプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出してお飲みください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

かぜロビンRの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。