ヒダントイン系抗てんかん薬を使用する主な病気(てんかん)など | MEDLEY(メドレー)
ヒダントイン系抗てんかん薬
脳内で興奮性シグナルとして作用するNaイオンによる神経細胞の異常な興奮を抑えることで、てんかんの発作などを抑える薬

ヒダントイン系抗てんかん薬を使う主な病気

  • てんかん

    脳細胞が一時的に異常な活動をすることで、さまざまな発作症状が現れる病気
    全身・その他
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
    脳神経外科