ノルアドレナリン系作用薬
脳内の神経機能を改善しパーキンソン病などにおける、すくみ足や立ちくらみ、ふらつきなどの症状を改善する薬
同義語:
ノルアドレナリン前駆物質

ノルアドレナリン系作用薬を使う主な病気

  • パーキンソン病

    脳からの命令を伝える物質のドパミンが不足し、体が自由に動かなくなる病気。排便・排尿障害やうつ、認知症を起こすこともある。
    全身・その他
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
    リハビリテーション科
  • 起立性低血圧症

    座っていたり寝ている状態から立ち上がった時に、血圧が急に下がりめまいや失神を起こす状態。糖尿病や脱水などが原因となることもある
    全身・その他
    血液・血管
    脳・脊髄(中枢神経)
    末梢神経
    一般内科
    リハビリテーション科
    循環器内科
    神経内科