いぞんせいぱーそなりてぃしょうがい
依存性パーソナリティ障害
従属的で他人にしがみつく行動をとり、面倒をみてもらおうとする欲求が強く、社会生活に障害をきたす
6人の医師がチェック 57回の改訂 最終更新: 2017.12.06

依存性パーソナリティ障害の基礎知識

依存性パーソナリティ障害について

  • 従属的で他人にしがみつく行動をとり、面倒をみてもらおうとする欲求が強く、社会生活に障害をきたす
    • 他人の援助なしにはいろいろなことができないという自己認識がある
    • 面倒をみてもらいたいという過剰な欲求が存在している
    • 自分を卑下してまで相手に合わせようとしてしまう
  • いくつかの特徴に当てはまっても、著しく偏って柔軟性がなく持続的で苦痛などを引き起こしているのでなければパーソナリティ障害とは診断しない
  • 文化的背景や社会的背景によって、パーソナリティ障害の特徴に当てはまるとみなされる内容は変わる
  • はっきりした原因はわかっていない
    • 環境と遺伝の両方の影響があると言われている

依存性パーソナリティ障害の症状

  • 主な症状の例
    • どんな服を着ていけばいいか、傘を持って行くべきかなど日常のことを決めるにも、他の人からの助言や保証がないと決断ができない
    • どこに住むべきか、どんな仕事につくべきかなど自分の生活のほとんどのことで、親をはじめ他人に責任をとってもらおうとする
    • 支持を失うことを恐れて、他人の意見に反対を表明することが困難である
    • 自分自身の考えで計画を始めたり、物事を行うことが困難である
    • 他人からの世話や支えを得るために、不快なことまで自分から進んでやるほど、やりすぎてしまう
    • 一人になると不安、無力感を感じ、自分自身の面倒を見ることができないと考えてしまう
    • 交際相手と別れるなど、親密な人間関係が終わった時に自分を世話し支えてくれる別の関係を必死で探す
    • 一人残されて自分で自分の面倒を見ることになるのを異常なほどに恐れる

依存性パーソナリティ障害の検査・診断

  • 診断を確定できるような依存性パーソナリティ障害に特有の検査はない
  • 症状や周りの人の話を聞いたりすることで診断する

依存性パーソナリティ障害の治療法

  • 精神療法が重要
    • 行動療法、家族療法、集団療法など様々な種類の治療が有効である
  • 内服治療
    • パニックに陥る人にはベンゾジアゼピン系抗不安薬が有効な場合がある
    • 抑うつ症状に対して抗うつ薬を用いることもある


依存性パーソナリティ障害が含まれる病気


依存性パーソナリティ障害のタグ

からだ

依存性パーソナリティ障害に関わるからだの部位

MEDLEYニュース新着記事