ふけしょう(とうぶひこうしん)
ふけ症(頭部粃糠疹)
頭部の皮膚の新陳代謝が過剰となり、ふけが多量に出る状態
2人の医師がチェック 37回の改訂 最終更新: 2017.10.13

ふけ症(頭部粃糠疹)の基礎知識

ふけ症(頭部粃糠疹)について

  • 頭部の皮膚の新陳代謝が過剰となり、ふけが多量に出る状態
    • 男性ホルモンであるアンドロゲンが関係していると考えられている
  • 20代がピークで40-50代になると自然に治まることが多い
  • 「粃糠」とは米ぬかのことを指す

ふけ症(頭部粃糠疹)の症状

  • ふけが多量に出る

ふけ症(頭部粃糠疹)の検査・診断

  • 診察内容と症状から診断する

ふけ症(頭部粃糠疹)の治療法

  • 尿素液やヘパリン類似物質のローションなどを利用する
  • 洗髪は毎日1回または1日おきが適当
    • フケが気になるからと言って洗いすぎないことが重要


ふけ症(頭部粃糠疹)のタグ

診療科
からだ

ふけ症(頭部粃糠疹)に関わるからだの部位

MEDLEYニュース新着記事