そくかんせつかつえきほうえん
足関節滑液包炎
足首の前方にある滑液包(関節の摩擦を減らすための袋)に炎症がおこり、腫れや痛みを生じる病気
4人の医師がチェック 45回の改訂 最終更新: 2017.06.15

足関節滑液包炎の基礎知識

足関節滑液包炎について

  • 足首に炎症がおこり、腫れや痛みがでる病気
    • 滑液包という部位に炎症が起こる(滑液包とは:関節の周りなど骨や靱帯、腱が多く存在する場所で、摩擦を少なくする役割を持つ)
    • 滑液包は袋状になっており、その中には滑液という潤滑油が入っている
    • 炎症が起きると滑液包が腫れ、痛みがでる
  • 長時間の正座や激しい運動などによる足首の圧迫や酷使が主な原因となる

足関節滑液包炎の症状

  • 足首の前方の腫れ、痛み
  • 歩行や階段、正座、しゃがむなど日常生活の障害

足関節滑液包炎の検査・診断

  • 足首の状態を確認する
    • 超音波検査
    • MRI
  • 関節の感染症痛風などとの鑑別が必要な場合もある

足関節滑液包炎の治療法

  • 安静にする:まずは炎症を治めるために安静にする
  • 足首を一時的に固定する
    • 炎症が強い間はあまり動かさないようにする
    • 骨折がないことがわかるまで、念のため固定する場合もある
  • 痛みのある部位を氷で冷やす
  • NSAIDs(痛み止め)の使用

足関節滑液包炎のタグ

診療科
からだ

足関節滑液包炎に関わるからだの部位

医師登録をしてMEDLEYの編集に協力する