こうかるしうむけっしょう
高カルシウム血症
血液中のカルシウム濃度が高い状態
7人の医師がチェック 119回の改訂 最終更新: 2017.06.15

Beta 高カルシウム血症についての医師コメント

高齢者の意識障害の原因として高カルシウム血症は意外と見かけます。高カルシウム血症の原因として多いのは骨粗しょう症の治療薬として用いられているビタミンDであり、飲んでいる薬は必ず確認します。薬剤性が否定され、高齢者でいきなり高カルシウム血症となった場合、一番疑うのはやはりがんに伴うものです。がんの骨転移に限らず、カルシウムの値が中くなりやすいタイプのがんというものがあるので、そのあたりからまず調べていきます。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.04.19

70代女性、一か月前から急激に認知症が進んできたとのことで当院を紹介受診した。診察してみると認知症ではなく意識障害であった。血液検査を施行したところ高カルシウム血症を認め、一カ月ほど前からカルシウム値が高くなり意識障害をきたしていると考えた。カルシウム値は治療によりさがっていき、意識障害は改善し元通りの意識状態まで回復した。原因をいろいろ調べたが、高カルシウム血症の原因は不明であった。このように意識障害の原因として高カルシウム血症は意外と見かけます。


匿名協力医師
実際の治療例
2015.04.19


MEDLEYニュース新着記事