きゅうそくしんこうせいしきゅうたいじんえん
急速進行性糸球体腎炎
腎臓の中の糸球体に炎症が起き、数週間の経過で重篤な腎不全になる病気
5人の医師がチェック 103回の改訂 最終更新: 2018.08.06

Beta 急速進行性糸球体腎炎についての医師コメント

慢性腎不全の多くの原因は、高血圧や糖尿病の罹病期間が長い、「慢性」腎炎による「ゆっくりとした」経過のものです。しかしながら、急速進行性糸球体腎炎と呼ばれるものは、免疫の異常により短い間に腎臓が破壊されてしまうものです。その原因によっては、全身のだるさ、関節の痛み、皮疹などが先行する場合がありますが、腎機能の悪化を早期に発見する場合は難しい場合があります。専門医療機関で原因の特定、治療を受けることが必要です。治療によって腎機能の改善を目指すことが必要ですが、病気のスピード、発症から発見までの時間によっては改善が見込めない場合もある、重篤な疾患です。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.03.05