うぇるにっけのうしょう
ウェルニッケ脳症
ビタミンB1(チアミン)が不足することによって起こる脳の病気。アルコール依存症にともなって起こることが多い
11人の医師がチェック 127回の改訂 最終更新: 2017.12.06

Beta ウェルニッケ脳症についての医師コメント

何よりも早期発見、早期治療が重要です。慢性化してコルサコフ症候群になってしまえば後遺症が残ることが多いですが、早期に治療すれば症状は可逆的であることもあります。
アルコール依存症の方は特に発症しやすいので注意しましょう。酒は飲むがご飯は食べないというのは発症リスクが非常に高まります。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.04.12


MEDLEYニュース新着記事