2017.09.11 | ニュース

急性膵炎で腹痛、しかし飲酒も胆石もなかった74歳男性

アメリカから症例報告

急性膵炎で腹痛、しかし飲酒も胆石もなかった74歳男性の写真

急性膵炎の原因になるものとして飲酒や胆石が知られていますが、原因がわからない場合もあります。薬が原因と思われた人の例が報告されました。

フロセミドによる薬剤性急性膵炎の症例報告

アメリカの医学健康科学大学の研究者らが、利尿薬のフロセミドによると思われた急性膵炎の患者の例を、専門誌『The American Journal of Case Reports』に報告しました。

この患者は74歳男性で、朝から強い上腹部痛がありました。痛みは背中まで広がりがあり、軽い吐き気もありました。妻と一緒に散歩をして痛みを紛らわそうとしましたが、痛みが続くため救急部を受診しました。

以前に冠動脈心臓の外側にある血管で、心臓自体に酸素を含んだ血液を送る血管のこと。ここが詰まると心筋梗塞を発症する疾患、睡眠時無呼吸、胃食道逆流症の診断を受けたことがありました。

発熱・動悸心臓や太い動脈の脈拍を自覚すること。精神的な緊張や運動だけでなく、ホルモンバランスの異常や貧血など、様々な病気の症状として起こる・息切れ・便秘・下痢・体重の変化はありませんでした。

喫煙したことも飲酒したこともありませんでした。6週間ほど前に、両脚のむくみ体の部位がむくんだ状態のこと。血液から水分が周囲に漏れ出ることで、全体が腫れてむくみが生じるに対してフロセミド(利尿薬)を処方されていました。

診察では上腹部を押すと痛みが強くなりました。血液検査でアミラーゼ1,022U/l、リパーゼ600U/lとともに高値でした。超音波検査空気の細かな振動である超音波を使った画像検査。体の奥の血管や臓器を観察することができるレントゲンX線(放射線)を使って、体の中の状態を簡易的に調べる画像検査の画像では膵臓を含めてはっきりした原因が見つかりませんでした。一般に急性膵炎の原因として胆石も考えられますが、胆石も見つかりませんでした

症状が急性膵炎と一致するほか、アミラーゼ・リパーゼが高値だったことから急性膵炎が疑われました。ほかの原因を強く疑わせる変化は見つかりませんでした。

輸液点滴に使用する薬剤で、水分、電解質、栄養補給などの目的で使用するためのもの。また、それによる治療のこと、絶食のうえフロセミドを中止したところ、24時間後には症状が治まりました

 

本当にフロセミドが原因だったのか?

報告の著者らは、最近フロセミドを飲み始めていたこと、フロセミドを中止すると治まったことなどから、フロセミドが原因の急性膵炎だったとする考えを記しています。

フロセミドによる薬剤性薬が原因となって病気が引き起こされたり症状が現れたりすること急性膵炎はまれですが、過去に報告があり、中にはフロセミドの使用開始から7週間経って急性膵炎が見つかった例もありました。

ほかに考えられる原因については、例として神経内分泌腫瘍黄疸ビリルビンという物質が体内に溜まることで、皮膚や白眼などが黄色くなった状態。肝臓の異常で起こることが多いが、新生児に生じるものは異常ではないや体重減少がないことから考えにくく、黄疸・唾液腺症状・肺病変病気が原因となって体に生じた、あるいは変化が起きた、その特定の部位のことがないことからIgG4関連疾患は考えにくいとしています。

 

薬の影響にどう気を付ける?

フロセミドによると思われた急性膵炎の患者の例を紹介しました。

フロセミドが急性膵炎を起こすことはあるとしてもごく少数と思われますが、一般に、原因がはっきりしない病気が現れた時には最近変えた薬の影響を考えることが欠かせません。

どんな薬にも副作用はあります。まれな副作用も含めれば、どの薬からどのような影響が出るかは多岐にわたる可能性があり、予測がつきません。何かあったときに素早く適切に対応するためには、お薬手帳を活用するなどして、いつから・どのような薬を飲んでいるかをできる限り正確に医師に伝えることが大切です。

執筆者

大脇 幸志郎


参考文献

Medication as a Cause of Acute Pancreatitis.

Am J Case Rep. 2017 Jul 28.

[PMID: 28751631]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。 [執筆者一覧]