2016.04.01 | コラム

心原性脳梗塞の症状、原因、治療、再発予防とは?

心原性脳梗塞の症状、原因、治療、再発予防とは?の写真
(C) magfromrussia - Fotolia.com

この記事のポイント

心原性脳梗塞は、心臓で作られた血の塊が脳の血管を詰まらせてしまい、脳梗塞を発症する病気です。心房細動が原因と発症することが多いと言われています。今回は心原性脳梗塞の原因、症状、治療、再発予防について解説していきます。

◆心原性脳梗塞の原因についての解説。心臓で血の塊ができる理由とは?

心臓は普段、規則正しくポンプ活動を行い、全身に血液を送り出しています。心臓の働きが悪くなり、心臓が規則正しく拍動できなくなるとポンプ機能の低下が生じます。すると血液の流れが悪くなり、血液がよどみ、そして固まりやすくなってしまいます。血液が固まることで心臓内に血の塊(血栓)が生じます。この心臓で出来た血の塊が剥がれ、血液の流れに乗って血管内で脳まで運ばれ、脳の血管を詰まらせてしまうことで脳梗塞が引き起こされます。

心臓で血栓が作られる原因として、最も多いとされるのが心房細動です。心臓は4つの部屋に分けられ、それぞれの部屋を右心房右心室左心房左心室と呼びます。心房細動不整脈の一つであり、心房が小刻みに震えることで、規則正しい心臓の働きが阻害されてしまった状態のことです。心房細動は女性に比べ男性の方が発症しやすいことが知られており、また、高齢になるにつれて発症する割合も高くなります。

 

◆心原性脳梗塞の症状と他の脳梗塞の症状の違いは?

心原性脳梗塞は、突然、心臓で作られた血の塊が剥がれて脳の血管を閉塞してしまうので、日中の活動時に突如発症することが多いという特徴があります。また、脳の太い血管を詰まらせてしまうため、脳梗塞になる範囲が広くなりやすいタイプの脳梗塞です。脳梗塞の範囲が広いため、後遺症も重く残る場合が多いため注意が必要です。症状としては片側の手足が動きにくくなる運動麻痺、触られても気づかない、自分の手足の位置がわからなくなってしまう感覚障害、言葉を話したり理解することが難しくなる失語症状などが表れます。

脳の血管に詰まった血の塊は、血液の流れを止めて脳梗塞を引き起こしますが、脳梗塞が完成する前に血液の流れを止めている血の塊が溶けて血液の流れが再び開通されることで、症状が大きく改善されることがあります。一方で、脳梗塞が完成してしまった後に、血の塊が溶けて血液の流れが再び開通された際、多くの血液がもろくなってしまった血管に一気に流れ込むことで、新たに脳出血を起こしてしまうという場合もあります。この出血を起こしてしまうと後遺症がさらに重くなってしまうため、出血を起こさないよう血圧の管理や薬の調整が重要な治療となります。

 

◆心原性脳梗塞の治療法と再発予防にはどんな方法があるの?

発症してから4.5時間以内であれば、血栓溶解療法(rt‐PA)が使用可能です。この治療法は、血管に詰まってしまった血の塊を溶かす目的があり、脳の細胞が完全に死んでしまう前に血液の流れを再び開通させることで、脳の損傷を最小限に抑えることが期待できます。しかし、この治療方法はすべての方に適用されるわけではなく、定められた適用項目をクリアしていると医師が判断した場合のみに行われます。

心原性脳梗塞心房細動などが原因となり、心臓で血の塊が作られることで発症してしまう疾患であるため、再発予防の治療には血液を固まりにくくする抗凝固療法が通常行われます。抗凝固薬としてこれまで広くワルファリンが使用されてきました。血液を固まりにくくする作用があるので、使用量が多いと逆に出血の危険もあります。そのため、投与の量は血液検査を通して細かく調節されます。最近では、新たな抗凝固薬としてプラザキサ、エリキュース、リクシアナ、イグザレルトといった薬剤も使用されています。それぞれ利点や副作用などを考慮しなければならない点があるため、どの薬剤を使用するかは、全身状態を踏まえた上で医師によって判断されます。

 

心原性脳梗塞は、心房細動などが原因で心臓の働きが悪くなることにより、心臓内で血液の塊が作り出され、その塊が脳の血管を詰まらせてしまうことで発症します。動脈硬化が原因で発症する他の種類の脳梗塞と比べると、血の塊が突然脳の太い血管を詰まらせてしまうため、症状も重度になりやすいという特徴を持ちます。心臓に元々病気を抱えていたり、心房細動を指摘されている場合は、早めに抗凝固薬を服用することで脳梗塞発症の回避が可能な場合もあります。不整脈の治療は心臓のためだけでなく、脳のためにも重要な治療です。

 

執筆者

中嶋 侑

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。


MEDLEYニュース新着記事