2015.10.08 | ニュース

カフェインとアルブテロールで脂肪の少ない体に?

アメリカでラットの実験
from Obesity (Silver Spring, Md.)
カフェインとアルブテロールで脂肪の少ない体に?の写真
(C) LoloStock - Fotolia.com

カフェイン、アルブテロールはいずれも神経の働きを刺激して、体の活動に影響します。カフェインとアルブテロールによって、肥満を抑えるための効果を調べる研究が行われました。

◆ラットの脂肪量を計測

研究班は、ラットにカフェインとアルブテロールを与えることで、体の脂肪量、また脂肪を除いた筋肉や内臓の量(除脂肪体重)に変化があるかを調べました。

 

◆カフェイン+アルブテロールで脂肪増加量が減少

次の結果が得られました。

カフェインとアルブテロール併用によって、アルブテロール単独よりも大きく、脂肪増加量の減少と同時に除脂肪体重の増加が見られた。

ラットにアルブテロールだけを与えるよりも、カフェインとアルブテロールを与えたときのほうが、脂肪の増加量が少なくなり、除脂肪体重が増加しました

 

肥満を防ぐ方法について、食事療法や運動療法を含めて多くの研究がありますが、確実に効果が期待できる方法はごく限られています。肥満による病気を予防するために薬を使うという観点からも、将来何かの発見があるかもしれません。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

The effect of caffeine and albuterol on body composition and metabolic rate.

Obesity (Silver Spring). 2015 Sep

[PMID: 26239482]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事