エジュラント錠25mg - 添付文書 | MEDLEY(メドレー)
処方薬
エジュラント錠25mg
先発

エジュラント錠25mgの添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

HIV-1感染症。

(効能又は効果に関連する注意)

    1. 〈併用薬共通〉本剤による治療にあたっては、患者の治療歴及び可能な場合には薬剤耐性検査(遺伝子型解析あるいは表現型解析)を参考にすること。
    1. 〈カボテグラビル経口剤以外の抗HIV薬併用時〉抗HIV薬の治療経験がなく、HIV-1 RNA量100000copies/mL以下の患者に使用すること〔17.1.1、17.1.2参照〕。
    1. 〈カボテグラビル経口剤以外の抗HIV薬併用時〉海外臨床第3相試験の併合解析において本剤によるウイルス学的失敗例では、エファビレンツによるウイルス学的失敗例よりも、ラミブジン/エムトリシタビンへの耐性変異の発現割合が高かった(また、ベースラインCD4陽性リンパ球数少ない被験者[(200cells/μL]では、ベースラインCD4陽性リンパ球数が多い被験者(≧200cells/μL)と比べてウイルス学的失敗例の割合が高かった)。本剤による治療開始時には、これらの情報について考慮すること〔17.1.1、17.1.2参照〕。
    1. 〈カボテグラビル経口剤併用時〉本剤は、ウイルス学的失敗の経験がなく、切り替え前6ヵ月間以上においてウイルス学的抑制が得られており、リルピビリン及びカボテグラビルに対する耐性関連変異を持たず、本剤への切り替えが適切であると判断される抗HIV薬既治療患者に使用すること〔17.1.3-17.1.5参照〕(ウイルス学的抑制:ヒト免疫不全ウイルス[HIV]-1 RNA量が50copies/mL未満)。
    1. 〈カボテグラビル経口剤併用時〉本剤は次の場合に使用すること[1)長期作用型の薬剤であるリルピビリン注射剤の投与に先立って、経口導入としてリルピビリンへの忍容性を確認する、2)リルピビリン注射剤を予定するスケジュール通りに投与できない場合の代替薬として使用する]。

用法・用量

通常、成人にはリルピビリンとして1回25mgを1日1回食事中又は食直後に経口投与する。投与に際しては、必ず他の抗HIV薬と併用すること。

(用法及び用量に関連する注意)

    1. 〈併用薬共通〉本剤とリファブチンを併用する場合は、本剤を50mg1日1回に増量すること(なお、リファブチンの併用を中止した場合は、本剤を25mg1日1回に減量すること)〔10.2、16.7参照〕。
    1. 〈カボテグラビル経口剤以外の抗HIV薬併用時〉非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤(NNRTI)を2剤併用したときの有用性が示されていないので、他のNNRTIとの併用は避けることが望ましい。
    1. 〈カボテグラビル経口剤併用時〉カボテグラビル経口剤併用時、リルピビリン注射剤及びカボテグラビル注射剤の併用療法の経口導入として用いる場合には、本剤をカボテグラビル経口剤との併用により1ヵ月間(少なくとも28日間)を目安に経口投与し、リルピビリン及びカボテグラビルに対する忍容性を確認すること。
    1. 〈カボテグラビル経口剤併用時〉カボテグラビル経口剤併用時、リルピビリン注射剤を投与予定日の7日後までに投与できない場合は、本剤による代替投与が可能であるが、次の点に留意すること[1)本剤による代替投与可能な期間は2ヵ月間までであること(本剤による代替期間が2ヵ月間を超える場合は、他の抗HIV薬へ切り替えることを考慮すること)、2)リルピビリン注射剤を再開する際にはリルピビリン注射剤の電子添文を参照すること]。

副作用

次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

    1. その他の副作用
    1. 〈カボテグラビル経口剤以外の抗HIV薬併用時〉

      ①. 〈カボテグラビル経口剤以外の抗HIV薬併用時〉免疫系障害:(5%未満)免疫再構築症候群。

      ②. 〈カボテグラビル経口剤以外の抗HIV薬併用時〉代謝及び栄養障害:(5%未満)食欲減退、(頻度不明)体脂肪再分布/体脂肪蓄積。

      ③. 〈カボテグラビル経口剤以外の抗HIV薬併用時〉精神障害:(5%以上)不眠症、異常な夢、うつ病、(5%未満)睡眠障害、抑うつ気分。

      ④. 〈カボテグラビル経口剤以外の抗HIV薬併用時〉神経系障害:(5%以上)頭痛、浮動性めまい、(5%未満)傾眠。

      ⑤. 〈カボテグラビル経口剤以外の抗HIV薬併用時〉胃腸障害:(5%以上)悪心、腹痛、嘔吐、(5%未満)腹部不快感、口内乾燥。

      ⑥. 〈カボテグラビル経口剤以外の抗HIV薬併用時〉皮膚及び皮下組織障害:(5%以上)発疹。

      ⑦. 〈カボテグラビル経口剤以外の抗HIV薬併用時〉一般・全身障害及び投与部位の状態:(5%以上)疲労。

      ⑧. 〈カボテグラビル経口剤以外の抗HIV薬併用時〉臨床検査:(5%以上)低リン酸血症、低ナトリウム血症、高ナトリウム血症、白血球数減少、AST増加、ALT増加、高ビリルビン血症、総コレステロール増加、低血糖、高血糖、LDLコレステロール増加、膵型アミラーゼ増加、リパーゼ増加、(5%未満)ALP増加、ヘモグロビン減少、トリグリセリド増加。

    2. 〈カボテグラビル経口剤併用時〉

      ①. 〈カボテグラビル経口剤併用時〉精神・神経系:(1~10%未満)頭痛、不安、異常な夢、不眠症、浮動性めまい、(1%未満)うつ病、傾眠。

      ②. 〈カボテグラビル経口剤併用時〉消化器:(1~10%未満)悪心、下痢、(1%未満)嘔吐、腹痛、鼓腸。

      ③. 〈カボテグラビル経口剤併用時〉皮膚:(1~10%未満)発疹。

      ④. 〈カボテグラビル経口剤併用時〉筋骨格:(1~10%未満)筋肉痛。

      ⑤. 〈カボテグラビル経口剤併用時〉全身症状:(1~10%未満)発熱、疲労、無力症、倦怠感。

      ⑥. 〈カボテグラビル経口剤併用時〉肝臓:(頻度不明)肝機能障害。

      ⑦. 〈カボテグラビル経口剤併用時〉臨床検査:(1%未満)体重増加、トランスアミナーゼ上昇、リパーゼ増加、(頻度不明)総ビリルビン上昇。

      カボテグラビル製剤併用時の経口剤及び注射剤における発現頻度。

使用上の注意

(禁忌)

    1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
    1. リファンピシン投与中、カルバマゼピン投与中、フェノバルビタール投与中、フェニトイン投与中、ホスフェニトイン投与中、デキサメタゾン(全身投与)(単回投与を除く)投与中、セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品摂取中(St.John’s Wort)、プロトンポンプ阻害剤投与中(オメプラゾール、ランソプラゾール、ラベプラゾール、エソメプラゾール、ボノプラザンフマル酸塩、アスピリン・ボノプラザンフマル酸塩)の患者〔10.1参照〕。

(重要な基本的注意)

    1. 本剤の使用に際しては、国内外のガイドライン等の最新の情報を参考に、患者又は患者に代わる適切な者に、次の事項についてよく説明し同意を得た後、使用すること。
  1. 1.1. 本剤はHIV感染症の根治療法薬ではないことから、日和見感染を含むHIV感染症の進展に伴う疾病を発症し続ける可能性があるので、本剤投与開始後の身体状況の変化については、すべて担当医に報告すること。

  2. 1.2. 本剤の長期投与による影響については、現在のところ不明であること。

  3. 1.3. 抗HIV療法による効果的なウイルス抑制は、性的接触による他者へのHIV感染の危険性を低下させることが示されているが、その危険性を完全に排除することはできないこと。

  4. 1.4. 抗HIV療法が、血液等による他者へのHIV感染の危険性を低下させるかどうかは証明されていないこと。

  5. 1.5. 本剤を処方どおりに毎日服用すること。また、担当医の指示なしに用量を変更したり、服用を中止したりしないこと。

  6. 1.6. 本剤は併用薬剤と相互作用を起こすことがあるため、服用中のすべての薬剤を担当医に報告すること。また、本剤で治療中に新たに他の薬剤を服用する場合、事前に担当医に相談すること。

    1. 本剤を含む抗HIV薬の多剤併用療法を行った患者で、免疫再構築症候群が報告されている(投与開始後、免疫機能が回復し、症候性のみならず無症候性日和見感染に対する炎症反応(マイコバクテリウムアビウムコンプレックス、サイトメガロウイルス、ニューモシスチス等によるもの)等が発現することがあり、また、免疫機能の回復に伴い自己免疫疾患(甲状腺機能亢進症、多発性筋炎、ギラン・バレー症候群、ブドウ膜炎等)が発現するとの報告があるので、これらの症状を評価し、必要時には適切な治療を考慮すること)。

(特定の背景を有する患者に関する注意)

(合併症・既往歴等のある患者)

  1. 1.1. 不整脈を起こしやすい患者:低カリウム血症、著しい徐脈、急性心筋虚血、うっ血性心不全、先天性QT延長症候群等の患者では、QT延長により不整脈が発現するおそれがある(本剤75mg及び300mg投与時にQT延長が認められている)〔10.2、17.3.1参照〕。

  2. 1.2. B型及び/又はC型肝炎ウイルス重複感染患者:定期的な肝機能検査を行うなど、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと(海外第3相試験において、これらの患者では、肝臓関連有害事象(臨床検査値異常を含む)の発現頻度が非重複感染患者より高かった[重複感染患者33.3%(18/54例)、非重複感染患者4.9%(31/632例)])。

(妊婦)

  1. 5.1. 妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。

  2. 5.2. 妊娠中期及び妊娠後期の妊婦に本剤を投与したとき、出産後と比較し、リルピビリンの血中濃度低下が認められている〔16.6.4参照〕。

(授乳婦)

授乳を避けさせること(リルピビリンは、動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されているが、ヒトにおける乳汁への移行は不明である)。

(小児等)

小児等を対象とした臨床試験は実施していない。

(高齢者)

患者の状態を観察しながら慎重に投与すること(本剤は主として肝臓で代謝されるが、一般に肝機能が低下していることが多いため、高い血中濃度が持続するおそれがある)。

(相互作用)

本剤は主にCYP3Aにより代謝される。

    1. 併用禁忌
    1. リファンピシン(リファジン)〔2.2、16.7参照〕[本剤の血中濃度が低下し本剤の効果が減弱するおそれがある(これらの薬剤のCYP3A誘導作用により、本剤の代謝が促進される)]。
    2. カルバマゼピン(テグレトール)、フェノバルビタール(フェノバール等)、フェニトイン(アレビアチン等)、ホスフェニトイン(ホストイン)〔2.2参照〕、デキサメタゾン(全身投与)(単回投与を除く)(デカドロン等)〔2.2参照〕、セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品(St.John’s Wort)〔2.2参照〕[本剤の血中濃度が低下し本剤の効果が減弱するおそれがある(これらの薬剤のCYP3A誘導作用により、本剤の代謝が促進される)]。
    3. プロトンポンプ阻害剤(オメプラゾール(オメプラール、オメプラゾン)、ランソプラゾール(タケプロン)、ラベプラゾール(パリエット)、エソメプラゾール(ネキシウム)、ボノプラザンフマル酸塩(タケキャブ)、アスピリン・ボノプラザンフマル酸塩(キャブピリン))〔2.2、16.7参照〕[本剤の血中濃度が低下し本剤の効果が減弱するおそれがある(胃内のpH上昇により、本剤の吸収が低下する)]。
    1. 併用注意
    1. リファブチン〔7.1、16.7参照〕[本剤の血中濃度が低下し本剤の効果が減弱するおそれがある(リファブチンのCYP3A誘導作用により、本剤の代謝が促進される)]。
    2. H2遮断剤(ファモチジン、シメチジン、ニザチジン、ラニチジン)〔16.7参照〕[本剤の血中濃度が低下し本剤の効果が減弱するおそれがあるので、これらの薬剤は、本剤投与の12時間以上前又は4時間以上後に投与すること(胃内のpH上昇により、本剤の吸収が低下する)]。
    3. 制酸剤(PPI・H2ブロッカー以外)(乾燥水酸化アルミニウムゲル、沈降炭酸カルシウム等)[本剤の血中濃度が低下し本剤の効果が減弱するおそれがあるので、これらの薬剤は、本剤投与の2時間以上前又は4時間以上後に投与すること(胃内のpH上昇により、本剤の吸収が低下する)]。
    4. クラリスロマイシン、エリスロマイシン[本剤の血中濃度が上昇する可能性があるため、代替としてアジスロマイシン等を考慮すること(これらの薬剤のCYP3A阻害作用により、本剤の代謝が阻害される)]。
    5. メサドン〔16.7参照〕[メサドンの血中濃度が低下することがある(機序不明)]。
    6. QT延長を起こすことが知られている薬剤(アミオダロン、ソタロール等)〔9.1.1、17.3.1参照〕[QT延長、心室性頻拍(Torsades de Pointesを含む)が発現するおそれがある(本剤75mg及び300mg投与時にQT延長が認められている)]。
    7. ヌクレオシド/ヌクレオチド系逆転写酵素阻害剤(NRTI/NtRTI)

      ①. ジダノシン[本剤(食直後投与)とジダノシン400mg1日1回(空腹時投与)を併用したとき、本剤及びジダノシンの薬物動態に影響はみられなかった(本剤とジダノシンを併用するときは用量を調節する必要はないが、ジダノシンは空腹時に服用することが望ましいため、本剤服用(食事中又は食直後)の1時間前又は2時間後にジダノシンを投与するなど本剤と同時に投与しないこと)]。

      ②. テノホビル[テノホビル(フマル酸テノホビルジソプロキシル300mg1日1回)を併用したとき、テノホビルのCmax及びAUCがそれぞれ19%及び23%増加したが、本剤とテノホビルを併用するとき、用量を調節する必要はない(機序不明)]。

    8. プロテアーゼ阻害剤(PI)

      ①. ダルナビル/リトナビル[ダルナビル/リトナビル800/100mgを1日1回併用したとき、本剤のCmax及びAUCがそれぞれ79%及び130%増加したが、ダルナビル/リトナビルと併用する場合には、用量を調節する必要はない(ダルナビル/リトナビルのCYP3A阻害作用により、本剤の代謝が阻害される)]。

      ②. ロピナビル・リトナビル配合剤[ロピナビル・リトナビル400・100mgを1日2回併用したとき、本剤のCmax及びAUCがそれぞれ29%及び52%増加したが、ロピナビル・リトナビルと併用する場合には、用量を調節する必要はない(ロピナビル・リトナビルのCYP3A阻害作用により、本剤の代謝が阻害される)]。

      ③. 他のPI(ダルナビル・リトナビル・ロピナビル以外)(アタザナビル/リトナビル、ホスアンプレナビル/リトナビル)[PIとの併用により、本剤の血中濃度が上昇する可能性があり、また、本剤は、PIの血中濃度に影響を与えないと推察される(PIのCYP3A阻害作用により、本剤の代謝が阻害される)]。

    9. インテグラーゼ阻害剤:ラルテグラビル[ラルテグラビル400mgを1日2回併用したとき、本剤の薬物動態に影響を与えなかったが、ラルテグラビルのCmax及びAUCがそれぞれ10%及び9%増加したが、ラルテグラビルと併用する場合には、用量を調節する必要はない(機序不明)]。

(過量投与)

    1. 処置

    過量投与時、本剤は透析により除去されない。

(取扱い上の注意)

  1. 1. 本剤は遮光保存する必要があるため、服用直前にボトルから取り出すよう指導すること。

(保管上の注意)

室温保存。