オンコビン注射用1mg - 添付文書 | MEDLEY(メドレー)
処方薬
オンコビン注射用1mg
先発

オンコビン注射用1mgの添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

  1. 白血病(急性白血病、慢性白血病の急性転化時を含む)。

  2. 悪性リンパ腫(細網肉腫、リンパ肉腫、ホジキン病)。

  3. 小児腫瘍(小児神経芽腫、小児ウィルムス腫瘍、小児横紋筋肉腫、睾丸胎児性癌、小児血管肉腫等)。

  4. 次の悪性腫瘍に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法:多発性骨髄腫、悪性星細胞腫、乏突起膠腫成分を有する神経膠腫。

  5. 褐色細胞腫。

用法・用量

  1. 白血病(急性白血病、慢性白血病の急性転化時を含む)、悪性リンパ腫(細網肉腫、リンパ肉腫、ホジキン病)及び小児腫瘍(神経芽腫、ウィルムス腫瘍、横紋筋肉腫、睾丸胎児性癌、血管肉腫等)の場合:ビンクリスチン硫酸塩として小児0.05~0.1mg/kg、成人0.02~0.05mg/kgを週1回静脈注射する。但し、副作用を避けるため、1回量2mgを超えないものとする。

  2. 多発性骨髄腫に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法の場合:ドキソルビシン塩酸塩、デキサメタゾンリン酸エステルナトリウムとの併用において、標準的なビンクリスチン硫酸塩の投与量及び投与方法は、1日量0.4mgを24時間持続静脈注射する。これを4日間連続で行い、その後17~24日間休薬する。これを1クールとし、投与を繰り返す。

  3. 悪性星細胞腫、乏突起膠腫成分を有する神経膠腫に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法の場合:ビンクリスチン硫酸塩として1.4mg/㎡(体表面積)を、2回静脈注射する。1回目の投与の3週間後に2回目の投与を行い、6~8週を1クールとし、投与を繰り返す。但し、副作用を避けるため、1回量2mgを超えないものとする。

  4. 褐色細胞腫の場合:シクロホスファミド水和物、ダカルバジンとの併用において、ビンクリスチン硫酸塩として、1日1回1.4mg/㎡(体表面積)を静脈注射し、少なくとも20日間休薬する。これを1クールとし、投与を繰り返す。但し、副作用を避けるため、1回量2mgを超えないものとする。なお、患者の状態により適宜減量する。

(用法・用量に関連する使用上の注意)

  1. 外国では体重10kg以下の小児への初期投与量を0.05mg/kg週1回静脈注射すべきであるとされている。

  2. ドキソルビシン塩酸塩、デキサメタゾンリン酸エステルナトリウムとの併用において、24時間持続静脈注射を実施する場合は、中心静脈カテーテルを留置して投与する。

  3. 悪性星細胞腫、乏突起膠腫成分を有する神経膠腫に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法(プロカルバジン塩酸塩、ニムスチン塩酸塩、ビンクリスチン硫酸塩)においては、併用薬剤の添付文書及び関連文献(「抗がん剤報告書:プロカルバジン塩酸塩(脳腫瘍)」、「抗がん剤報告書:ビンクリスチン硫酸塩(脳腫瘍)」等)を熟読する。

  4. 褐色細胞腫患者において、本剤を含む化学療法施行後に高血圧クリーゼを含む血圧変動が報告されていることから、本剤を含む化学療法開始前にα遮断薬等を投与する。

副作用

(概要)

承認時における安全性評価対象例は、単独投与例62例及び併用投与例125例であった。そのうち認められた主な副作用はしびれ感62例(33.2%)、脱毛41例(21.9%)、下肢深部反射減弱・消失20例(10.7%)、倦怠感(3.7%)、四肢疼痛(3.2%)、筋萎縮(2.1%)、眩暈(1.1%)、排尿困難(1.1%)であった[承認時]。

悪性星細胞腫、乏突起膠腫成分を有する神経膠腫に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法(プロカルバジン塩酸塩、ニムスチン塩酸塩、ビンクリスチン硫酸塩)の使用成績調査における安全性解析対象例は253例であり、併用療法による副作用及び臨床検査値異常の発現率は、69.6%であった。主なものは白血球減少130例(51.4%)、血小板減少98例(38.7%)、好中球減少23例(9.1%)、貧血22例(8.7%)、肝機能異常28例(11.1%)、食欲不振13例(5.1%)、悪心・嘔吐12例(4.7%)、発疹8例(3.2%)であった[調査終了時]。

  1. 重大な副作用

    1. 末梢神経障害(神経麻痺、筋麻痺、痙攣等)(25.5%):運動性ニューロパチー(筋麻痺、運動失調、歩行困難、痙攣、言語障害、筋萎縮等)、感覚性ニューロパチー(知覚異常、知覚消失、しびれ感、神経痛、疼痛等)、自律神経性ニューロパチー(起立性低血圧、尿閉等)、脳神経障害(視神経萎縮、味覚障害、眩暈、眼振等の平衡感覚障害等)、下肢深部反射減弱・下肢深部反射消失等が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には減量、休薬、中止等の適切な処置を行う。
    2. 骨髄抑制:汎血球減少(0.7%)、白血球減少(29.8%)、血小板減少(19.8%)、貧血(5.7%)が現れることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う(なお、致命的感染症(敗血症、肺炎等)や臓器出血等に至った報告がある)。
    3. 錯乱、昏睡(頻度不明):倦怠感、錯乱、昏睡、神経過敏、抑うつ、意識障害等が現れることがある。
    4. イレウス(頻度不明):腸管麻痺(食欲不振、悪心・嘔吐、著しい便秘、腹痛、腹部膨満あるいは腹部弛緩及び腸内容物うっ滞等の症状)を来し、麻痺性イレウスに移行することがあるので、腸管麻痺が現れた場合には投与を中止し、腸管減圧法等の適切な処置を行う。
    5. 消化管出血、消化管穿孔(頻度不明):消化管出血や消化管穿孔が現れることがあり、致命的出血や腹膜炎に至ることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    6. 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)(頻度不明):低ナトリウム血症、低浸透圧血症、尿中ナトリウム増加、高張尿、意識障害等を伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群が現れることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、水分摂取の制限等の適切な処置を行う。
    7. アナフィラキシー(頻度不明):アナフィラキシー(蕁麻疹、呼吸困難、血管浮腫等)が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    8. 心筋虚血(頻度不明):心筋梗塞、狭心症、心電図上虚血所見が発現したとの報告がある。
    9. 脳梗塞(頻度不明):脳梗塞が発現したとの報告がある。
    10. 難聴(頻度不明):一過性難聴又は永続的難聴が現れることがある。
    11. 呼吸困難及び気管支痙攣(頻度不明):呼吸困難及び気管支痙攣が発現したこと、また、これらの症状はビンカアルカロイド製剤とマイトマイシンCとの併用時に発現しやすいことが報告されているので、このような症状が発現した場合には本剤の投与を中止する。
    12. 間質性肺炎(0.5%):間質性肺炎が現れることがあるので異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。
    13. 肝機能障害、黄疸(0.5%):AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、γ-GTP上昇、Al-P上昇等を伴う肝機能障害、黄疸が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には本剤の投与を中止するなど、適切な処置を行う。
  2. その他の副作用

    1. 末梢神経障害:(頻度不明)垂足、背痛、複視、(0.1~5%未満)排尿困難。
    2. 血液:(5%以上)顆粒球減少、(0.1~5%未満)出血傾向。
    3. 消化器:(5%以上)悪心・嘔吐、腹痛、(0.1~5%未満)食欲不振、便秘、口内炎、下痢。
    4. 肝臓:(5%以上)肝機能異常(AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、γ-GTP上昇、Al-P上昇等)。
    5. 過敏症:(0.1~5%未満)発疹。
    6. 皮膚:(5%以上)脱毛、(0.1~5%未満)発汗亢進、皮膚落屑。
    7. :(頻度不明)一過性皮質盲。
    8. 循環器:(頻度不明)低血圧、高血圧。
    9. 泌尿器:(頻度不明)多尿。
    10. その他:(0.1~5%未満)発熱、体重減少。

使用上の注意

(警告)

本剤を含むがん化学療法は、緊急時に十分対応できる医療施設において、がん化学療法に十分な知識・経験を持つ医師のもとで、本療法が適切と判断される症例についてのみ実施する。適応患者の選択にあたっては、各併用薬剤の添付文書を参照して十分注意する。また、治療開始に先立ち、患者又はその家族に有効性及び危険性を十分説明し、同意を得てから投与する。

(禁忌)

  1. 次の患者には投与しない。

    1. 本剤の成分に対し重篤な過敏症の既往歴のある患者。
    2. 脱髄性シャルコー・マリー・トゥース病の患者。
  2. 次の部位には投与しない:髄腔内。

(慎重投与)

  1. 肝障害のある患者[本剤の代謝及び排泄が遅延し副作用が増強する可能性がある]。

  2. 腎障害のある患者。

  3. 骨髄抑制のある患者[本剤には骨髄抑制作用がある]。

  4. 感染症を合併している患者[本剤には骨髄抑制作用があり、感染症を増悪させることがある]。

  5. 神経・筋疾患の既往歴のある患者[末梢神経障害及び筋障害が強く現れることがある]。

  6. 虚血性心疾患のある患者[心筋虚血症状が強く現れることがある]。

  7. 水痘患者[致命的全身障害が現れることがある]。

  8. 高齢者。

(重要な基本的注意)

  1. 本剤の用量規制因子は神経毒性であり、用量依存的に重篤な末梢神経障害及び重篤な筋障害が起こることがあるので、使用に際しては、臨床症状、患者の状態を十分に観察し、また臨床検査(末梢神経伝達速度検査、握力測定、振動覚を含む知覚検査など)を定期的に行う。しびれ、麻痺、知覚異常等の異常が認められた場合には減量、休薬、中止等の適切な処置を行う。また、シャルコー・マリー・トゥース病の罹患歴、家族歴の調査等を行い、脱髄性シャルコー・マリー・トゥース病が疑われる場合には本剤の投与を行わない。

  2. 骨髄抑制作用に起因する重篤な副作用(致命的感染症及び致命的出血)が起こることがあるので、頻回に臨床検査(血液検査、肝機能・腎機能検査等)を行うなど、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には減量、休薬、中止等の適切な処置を行う。また、骨髄抑制のある患者、感染症を合併している患者、長期間使用患者等のリスク患者では、副作用が強く現れ、遷延性に推移することがあるので、適切な治療設備(無菌室、簡易無菌室等)、G-CSF製剤、また抗生剤等の使用に関しても考慮する。

  3. 高度な骨髄抑制による感染症の発現又は感染症増悪・出血傾向の発現又は出血傾向増悪に十分注意する。

  4. 治療時に腫瘍が崩壊する腫瘍崩壊症候群(腹部痛、血尿、高尿酸血症、高リン酸血症、低カルシウム血症、代謝性アシドーシス、高カリウム血症、腎不全)を伴うことがあり、特に治療開始後3~4週間は、血清尿酸値上昇を避けるため補液による尿量確保や尿のアルカリ化を促すとともに、頻繁に尿酸値や尿量を測定するなど、患者の状態を十分に観察し注意する。

  5. 小児に投与する場合には、副作用の発現に特に注意し、慎重に投与する。

  6. 本剤を含む多剤併用化学療法を受けた患者で、非可逆的な性腺障害(非可逆的な精子形成不全(非可逆的な無精子症等)、非可逆的な無月経等)が認められたとの報告があるので、小児及び生殖可能な年齢の患者に投与する必要がある場合には、性腺に対する影響を考慮する。

  7. 本剤は脳血液関門を十分に通過しないと考えられるので、白血病性中枢神経障害の合併が認められる症例に使用する場合には、他の療法を併用するなど適切な処置を行う。

  8. ドキソルビシン塩酸塩、デキサメタゾンリン酸エステルナトリウムとの併用において、24時間持続静脈注射を実施する場合は、直接末梢静脈に投与すると薬液の漏出による組織障害を起こす恐れがあるので、中心静脈カテーテルを留置して中心静脈より投与し、また、血管内にカテーテルを留置することによる感染症の合併に十分注意する。

  9. 本剤と他の抗悪性腫瘍剤との併用により、肝中心静脈閉塞症(VOD)が発症したとの報告があるので、十分に注意する。

  10. 褐色細胞腫に本剤を使用する際には、関連文献(「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議 公知申請への該当性に係る報告書:ビンクリスチン硫酸塩(褐色細胞腫(傍神経節細胞腫を含む))」等)を熟読する。

(相互作用)

本剤の代謝は肝チトクロームP-450・3Aが関与するとされていることから、肝チトクロームP-450・3Aを阻害する薬剤との併用において、本剤の血中濃度が上昇する可能性がある。

併用注意:

  1. アゾール系抗真菌剤(イトラコナゾール、ミコナゾール等)[本剤の筋神経系の副作用が増強することがあるので、副作用が発現した場合には、減量、休薬、投与中止等の適切な処置を行う(本剤は肝チトクロームP-450・3Aにより代謝され、アゾール系抗真菌剤は肝チトクロームP-450・3Aを阻害するため、併用により本剤の代謝を抑制することがある)]。

  2. フェニトイン[フェニトインと本剤を含む抗悪性腫瘍剤を同時に投与することで、フェニトインの血中濃度が低下し痙攣が増悪することがあるとの報告があるので、フェニトインの投与量を調節することが望ましい(本剤は併用によりフェニトインの吸収を減少させる、あるいは代謝を亢進させるとの報告がある)]。

  3. 神経毒性を有する薬剤(白金含有の抗悪性腫瘍剤等)[神経系副作用が増強することがあり、白金含有の抗悪性腫瘍剤の場合聴覚障害(難聴)が増強する可能性がある(ともに神経毒性を有する)]。

  4. L-アスパラギナーゼ[神経系及び造血器系の障害が増強する可能性があるので、毒性を最小にとどめるためにL-アスパラギナーゼ投与の12~24時間前に本剤を投与することが望ましい(本剤投与の前にL-アスパラギナーゼを投与すると本剤の肝クリアランスを低下させる可能性がある)]。

  5. マイトマイシンC[ビンカアルカロイド製剤で、マイトマイシンCとの併用時に呼吸困難及び気管支痙攣が発現しやすいことが報告されている(機序不明)]。

  6. 他の抗悪性腫瘍剤

    1. 他の抗悪性腫瘍剤[骨髄抑制等の副作用が増強することがあるので、併用療法を行う場合には、患者の状態を観察しながら減量するなど用量に注意する(ともに骨髄抑制作用を有する)]。
    2. 他の抗悪性腫瘍剤[他の抗悪性腫瘍剤との併用により、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞等が発現したとの報告がある(機序不明)]。
  7. 放射線照射

    1. 放射線照射[骨髄抑制等の副作用が増強することがあるので、併用療法を行う場合には、患者の状態を観察しながら減量するなど用量に注意する(ともに骨髄抑制作用を有する)]。
    2. 放射線照射[肝を含む病巣への放射線照射を施行中の患者に、本剤を併用すると肝毒性が増強するとの報告がある(機序不明)]。

(高齢者への投与)

高齢者では、生理機能が低下していることが多く、副作用が現れやすいので、用量並びに投与間隔に留意する。

(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)

  1. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい[動物実験で催奇形作用が報告されている]。

  2. 授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には、授乳を中止させる[授乳中の投与に関する安全性は確立していない]。

(小児等への投与)

小児に投与する場合には、副作用の発現に特に注意し、慎重に投与する。

(過量投与)

本剤の過量投与により、重篤な結果又は致死的結果をもたらすとの報告があるので、支持療法として次の処置を考慮する:1)抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)の予防(水分摂取の制限及びヘンレ係蹄や遠位尿細管に作用する利尿剤の投与)、2)抗痙攣剤の投与、3)イレウスを予防するための浣腸及び下剤の使用(症例によっては腸管減圧を行う)、4)循環器系機能のモニタリング、5)血球検査を毎日行い、必要であれば輸血を行う。

ホリナート(ロイコボリン)を本剤の致死量が投与されたマウスに使用したところ有効であったとの報告がある。また、ホリナートがヒトにおいても本剤の過量投与の治療に有益であったとする症例報告もあり、ホリナート100mgを3時間ごとに8回投与し、その後は6時間ごとに少なくとも8回投与(ホリナートの投与は支持療法と併せて行う)することが推奨されている(本剤は透析液中にほとんど流入せず体外除去のための血液透析は有効ではない)。

(適用上の注意)

  1. 調製方法

    1. 本剤1バイアルに通常、注射用水、生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液10mLを加えて溶解する。本剤の注射液調製にあたり、注射用水・生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液以外の溶解液の使用は望ましくない。
    2. 注射液調製後はすみやかに使用する[保存剤を含有していないため]。
    3. 眼には接触させない(眼に入った場合は直ちに水で洗う)[眼に入った場合重篤な眼刺激や角膜潰瘍が起こることがある]。
  2. 投与経路

    1. 静脈内注射にのみ使用する。
    2. 髄腔内には投与しない[外国で本剤を誤って髄腔内に投与し、死亡したとの報告があるため、本剤を誤って髄腔内投与した場合は、死に至る麻痺の進行を阻止するよう直ちに救命措置を実施する]。
  3. 投与時

    1. 1回投与量を計算の上、次のいずれか適当な方法により投与する:(1)静脈内に補液中の管の途中から、1分程度をかけて緩徐に注入する(点滴容器内で他の薬剤と混合してはならない)、(2)直接静脈内に1分程度をかけて緩徐に注入する、(3)中心静脈内にカテーテルを留置して持続注入する。
    2. 静脈内投与に際し、薬液が血管外に漏れると注射部位に硬結・壊死・炎症を起こすことがあるので、薬液が血管外に漏れないよう慎重に投与し、血管外漏出が疑われるときは直ちに投与を中止し、適切な処置を行い、また、残量は他の静脈から投与する。

(その他の注意)

本剤と他の抗悪性腫瘍剤を併用した患者に、二次性悪性腫瘍(白血病、骨髄異形成症候群(MDS)等)が発生したとの報告がある。

(保管上の注意)

冷所。