ブロメライン軟膏5万単位/g(ジェイドルフ) - 添付文書 | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ブロメライン軟膏5万単位/g(ジェイドルフ)
先発

ブロメライン軟膏5万単位/g(ジェイドルフ)の添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

熱傷・褥瘡・表在性各種潰瘍・挫傷・切開傷・切断傷・化膿創などの創傷面の壊死組織の分解・壊死組織の除去・壊死組織の清浄化及びそれに伴う治癒促進。

用法・用量

ガーゼ、リントなどに適量の軟膏をのばし、潰瘍辺縁になるべく触れないようにして塗布。1日1回交換する。

創傷面が清浄化し、新生肉芽組織の再生が認められた場合は使用を中止する。

副作用

総投与症例203例中、72例(35.47%)に副作用が認められ、主なものは出血52件(25.62%)、疼痛33件(16.26%)、創縁のエロジオン4件(1.97%)等であった(承認時)。

  1. 重大な副作用

    アナフィラキシーショック(頻度不明):アナフィラキシーショック(不快感、血圧低下、呼吸困難、全身紅潮等)を起こすことがあるので、観察を十分に行い、症状が現れた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。

  2. その他の副作用

    投与部位:(5%以上)出血、疼痛、(0.1~5%未満)創縁のエロジオン、発赤、浮腫、紅斑・水疱、刺激感、そう痒感、皮膚炎。

使用上の注意

(禁忌)

本剤又は本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。

(慎重投与)

粘膜面[蛋白分解作用に基づく刺激作用のため]。

(重要な基本的注意)

有効成分ブロメラインは蛋白分解酵素であり、蛋白分解という主作用に基づいて、局所の疼痛、出血をみることがあるから、壊死組織が除去された後は使用を中止して、他の処置にかえる。

(適用上の注意)

  1. 投与方法:潰瘍面よりやや小さめのガーゼ、リントなどにうすくのばして用い、潰瘍辺縁に触れないように注意する。

  2. 投与部位:眼科用に使用しない。

(保管上の注意)

直射日光を避けて保存(未使用時はキャップをする)。