ブロメライン軟膏5万単位/g(ジェイドルフ) - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ブロメライン軟膏5万単位/g(ジェイドルフ)
先発

ブロメライン軟膏5万単位/g(ジェイドルフ)の基本情報

ブロメライン軟膏5万単位/g(ジェイドルフ)の概要

商品名 ブロメライン軟膏5万単位/g(ジェイドルフ)
一般名 ブロメライン軟膏
薬価・規格 20.8円 (50,000単位1g)
薬の形状
外用薬 > 皮膚塗布剤 > 軟膏・硬膏
外用薬 > 皮膚塗布剤 > 軟膏・硬膏のアイコン
製造会社 ジェイドルフ製薬
YJコード 3959701M1035
レセプト電算コード 620870501
添付文書PDFファイル

ブロメライン軟膏5万単位/g(ジェイドルフ)の主な効果と作用

  • 床ずれやけどなどによる皮膚のじゅくじゅくした状態を治すお薬です。
  • 外傷などで損傷された皮膚組織の修復を促す働きがあります。

ブロメライン軟膏5万単位/g(ジェイドルフ)の用途

  • 創の治癒促進
  • 化膿創の壊死組織の分解
  • 化膿創の壊死組織の除去
  • 化膿創の壊死組織の清浄化
  • 挫傷の治癒促進
  • 挫傷の壊死組織の分解
  • 挫傷の壊死組織の除去
  • 挫傷の壊死組織の清浄化
  • 褥瘡の治癒促進
  • 褥瘡の壊死組織の分解
  • 褥瘡の壊死組織の除去
  • 褥瘡の壊死組織の清浄化
  • 切開傷の治癒促進
  • 切開傷の壊死組織の分解
  • 切開傷の壊死組織の除去
  • 切開傷の壊死組織の清浄化
  • 切断傷の治癒促進
  • 切断傷の壊死組織の分解
  • 切断傷の壊死組織の除去
  • 切断傷の壊死組織の清浄化
  • 創傷面の治癒促進
  • 創傷面の壊死組織の分解
  • 創傷面の壊死組織の除去
  • 創傷面の壊死組織の清浄化
  • 熱傷の治癒促進
  • 熱傷の壊死組織の分解
  • 熱傷の壊死組織の除去
  • 熱傷の壊死組織の清浄化
  • 表在性各種潰瘍の治癒促進
  • 表在性各種潰瘍の壊死組織の分解
  • 表在性各種潰瘍の壊死組織の除去
  • 表在性各種潰瘍の壊死組織の清浄化

ブロメライン軟膏5万単位/g(ジェイドルフ)の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

出血、疼痛、エロジオン、発赤、浮腫、紅斑、水疱、刺激感、そう痒感、皮膚炎

起こる可能性のある重大な副作用

アナフィラキシーショック、不快感、血圧低下、呼吸困難、全身紅潮

ブロメライン軟膏5万単位/g(ジェイドルフ)の用法・用量

  • ガーゼ、リントなどに適量の軟膏をのばし、潰瘍辺縁になるべく触れないようにして塗布
  • 1日1回交換する
  • 創傷面が清浄化し、新生肉芽組織の再生が認められた場合は使用を中止する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ブロメライン軟膏5万単位/g(ジェイドルフ)の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

ブロメライン軟膏5万単位/g(ジェイドルフ)と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る

ブロメライン軟膏5万単位/g(ジェイドルフ)に関係する解説

褥瘡(床ずれ)・皮膚潰瘍治療薬

  • ブロメライン軟膏5万単位/g(ジェイドルフ)は、褥瘡(床ずれ)・皮膚潰瘍治療薬に分類される。
  • 褥瘡(床ずれ)・皮膚潰瘍治療薬とは、褥瘡(床ずれ)などの皮膚潰瘍に用い、薬剤によって感染制御、壊死組織の除去、創面の修復、血管新生など作用は様々であり、創面(傷口)の状態に合わせて薬剤を使い分ける。

褥瘡(床ずれ)・皮膚潰瘍治療薬の代表的な商品名

  • ユーパスタ、カデックス、ヨードコート
  • ゲーベン
  • ブロメライン
  • プロスタンディン
  • フィブラスト
褥瘡(床ずれ)・皮膚潰瘍治療薬についての詳しい解説を見る