マイティア抗菌目薬

マイティア抗菌目薬の基本情報

マイティア抗菌目薬の概要

商品名 マイティア抗菌目薬
薬のタイプ 外用 / 第2類
製造会社 千寿製薬
販売会社名 武田薬品工業

マイティア抗菌目薬の特徴

○抗菌作用を示す持続性サルファ剤の配合により細菌によって起こるものもらい
 結膜炎などに効果をあらわします。
○抗炎症作用により結膜炎などで起こる目の充血やかゆみを改善します。
○無色~微黄色澄明の点眼液です。 

マイティア抗菌目薬の効果・効能

ものもらい結膜炎はやり目)、眼瞼炎まぶたのただれ)、目のかゆみ。 <ものもらい結膜炎はやり目)について> ブドウ球菌肺炎球菌などの細菌の感染によって起こる目の病気には、ものもらい結膜炎はやり目)などがあります。このような病気のときには、まぶたをこすったり、その他、目に刺激を加えないように注意してください。(なお、ものもらいは体質的に起こり易い場合がありますが、過労や睡眠不足などで体力が低下しているときに起こり易いので、疲労をさけ、睡眠を十分とるよう心掛けてください。)

マイティア抗菌目薬の構成成分

1mL中 スルファメトキサゾール40mg、グリチルリチン酸二カリウム1mg <成分に関連する注意> 本剤の点眼により、口中に苦味又は甘味を感じることがありますが、これは本剤に含まれるスルファメトキサゾール及びグリチルリチン酸二カリウムが涙道を通って口中に流れ出てくるためで心配ありません。

マイティア抗菌目薬の用法・用量

1回2~3滴を1日5~6回点眼してください。
<用法・用量に関連する注意>
1.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
2.容器の先をまぶた、まつ毛に触れさせないこと。また、混濁したものは使用しないこと。
3.ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないこと。
4.点眼用にのみ使用すること。
5.用法・用量を厳守すること。

マイティア抗菌目薬の主な副作用

1.次の人は使用前に医師または薬剤師に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)本人または家族がアレルギー体質の人。
 (3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (4)次の症状のある人。
     はげしい目の痛み
2.次の場合は、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師または薬剤師に
  相談すること
 (1)使用後、次の症状があらわれた場合
   〔関係部位〕  〔症  状〕
    皮ふ   : 発疹発赤、かゆみ
    目    : 充血、かゆみ、はれ
 (2)3~4日間使用しても症状がよくならない場合 

マイティア抗菌目薬の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。