アンメルツ温キューパッチ - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
アンメルツ温キューパッチ

アンメルツ温キューパッチの基本情報

アンメルツ温キューパッチの概要

商品名 アンメルツ温キューパッチ
薬のタイプ 外用 / 第3類
製造会社 祐徳薬品工業
販売会社名 小林製薬

アンメルツ温キューパッチの特徴

●筋肉の血行をよくし、コリや痛みを治す温感タイプ
●鎮痛消炎作用のある「サリチル酸グリコール」配合
●血行促進作用のある「ノニル酸ワニリルアミド」配合
●抗炎症作用のある「グリチルレチン酸」配合
●無臭性

アンメルツ温キューパッチの効果・効能

肩こり、腰痛、打撲捻挫、関節痛、筋肉痛、筋肉疲労、しもやけ、骨折痛。

アンメルツ温キューパッチの構成成分

膏体100g中 サリチル酸グリコール3.0g、l-メントール7.0g、グリチルレチン酸0.19g、ノニル酸ワニリルアミド0.10g

アンメルツ温キューパッチの用法・用量

1日数回患部に貼付してください。
<用法・用量に関連する注意>
1.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
2.貼った患部をコタツや電気毛布などで温めないこと。
3.皮ふの弱い人は、使用前に腕の内側の皮ふの弱い箇所に、1~2cm角の小片を目安として半日以上貼り、発疹発赤、かゆみ、かぶれなどの症状が起きないことを確かめてから使用すること。
汗などをよく拭き取り、患部をきれいにしてから貼ること。
皮ふの特に弱い人は、同じところに続けて貼らないこと。
体質によってはかぶれなどが生じることがあるので、風呂上がり直後の使用はさけること。
入浴の30分前には、はがすこと。また、貼ったままの入浴はさけること。
定められた用法・用量を守ること。

アンメルツ温キューパッチの主な副作用

1.次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
関係部位/        症   状
 皮ふ /発疹発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、ヒリヒリ感、痛み

3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

アンメルツ温キューパッチの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。