喜谷實母散 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
喜谷實母散

喜谷實母散の基本情報

喜谷實母散の概要

商品名 喜谷實母散
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 ウチダ和漢薬
販売会社名 キタニ

喜谷實母散の特徴

喜谷實母散は永年にわたり、女性用保健薬として多くの方々に愛用されております。精選された生薬を
バランスよく配合することにより、更年期障害や冷え症等、女性特有の諸症状にすぐれた効果をあらわします。

喜谷實母散の効果・効能

更年期障害、血の道症、月経不順、冷え症及びそれらに随伴する次の諸症状:月経痛、腰痛、頭痛、のぼせ、肩こり、めまい、動悸、息切れ、手足のしびれ、こしけ、血色不良、便秘むくみ

喜谷實母散の構成成分

1包中(1包11.25g) (局)トウキ2.25g、(局)センキュウ2.25g、(局)センコツ1.12g、(局)モッコウ1.12g、(局)ケイヒ0.94g、(局)ビンロウジ0.94g、(局)ビャクジュツ0.75g、(局)オウゴン0.75g、(局)チョウジ0.56g、(局)オウレン0.38g、(局)カンゾウ0.19g

喜谷實母散の用法・用量

大人1日1包を次のようにして4回服用します。
1回目及び2回目は、約1合(180mL)の熱湯を加えて振り出し、朝昼の食前に温服します。
3回目及び4回目は、水1合5勺(270mL)を加え半量に煎じつめたものを、夕食前及び就寝前に分けて温服します。

喜谷實母散の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
   皮膚:発疹発赤,かゆみ
   消化器:悪心,食欲不振
(2)しばらく服用しても症状がよくならない場合

喜谷實母散の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。