タナベ胃腸薬<調律> - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
タナベ胃腸薬<調律>

タナベ胃腸薬<調律>の基本情報

タナベ胃腸薬<調律>の概要

商品名 タナベ胃腸薬<調律>
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 田辺三菱製薬
販売会社名 田辺三菱製薬

タナベ胃腸薬<調律>の特徴

「もたれる」「胃が重い」「ムカムカする」などの不快な症状は、
“胃腸運動”の低下等が原因で引き起こされているのです。タナベ
胃腸薬<調律>は、当社が開発した“胃腸運動”調律剤TM(トリメブチンマレイン酸塩)
を配合した胃腸薬。弱った胃腸をイキイキ動かす外からのTM効果と、内からの効果
(消化・制酸・粘膜修復)により、不快な症状を改善。外と内から効いて、
スッキリさせる胃腸薬です。

 ■こんな方によく効きます。
  もたれ、むかつき、膨満感、胸やけ

タナベ胃腸薬<調律>の効果・効能

胃もたれ、胃部膨満感、胃重。 はきけ(胃のむかつき、二日酔のむかつき・悪酔のむかつき)、胃部不快感。 食べすぎ、飲みすぎ、消化促進、消化不良による胃部膨満感・腹部膨満感。 食欲不振、胃弱、消化不良、胸つかえ。 胃痛、胸やけ、胃酸過多、げっぷ、嘔吐。

タナベ胃腸薬<調律>の構成成分

6錠中 上層 トリメブチンマレイン酸塩(TM)300mg 中層 ビオヂアスターゼ2000 120mg、リパーゼAP6 45mg、カンゾウ末150mg、ロートエキス30mg 下層 炭酸水素ナトリウム300mg、沈降炭酸カルシウム600mg、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム(乾燥物換算)240mg

タナベ胃腸薬<調律>の用法・用量

次の量を食後約30分以内に、水又はお湯でかまずに服用してください。
成人(15歳以上):1回2錠。
1日3回服用。
15歳未満:服用しないでください。
<用法・用量に関連する注意>
1.用法・用量を厳守してください。
2.錠剤の取り出し方
「シート包装」の場合は、添付文書図のように錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミを破り、取り出してお飲みください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さるなど思わぬ事故につながります。)
「ビン包装」は前記の操作は必要ありません。

タナベ胃腸薬<調律>の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
  (1)医師の治療を受けている人。
  (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
  (3)高齢者。
  (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
  (5)次の症状のある人。 排尿困難 
  (6)次の診断を受けた人。 腎臓病、肝臓病、心臓病、緑内障甲状腺機能障害
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、
  この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

  [関係部位]     [症 状]
    皮膚     発疹発赤、かゆみ
  精神神経系    眠気、めまい、倦怠感、頭痛
   その他     動悸、口内しびれ感、腹鳴

まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

[症状の名称]肝機能障害
[症   状]発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、
       食欲不振等があらわれる。

3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が
  見られた場合には、服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者
  に相談してください。
  口のかわき、便秘、下痢

4.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、
  薬剤師又は登録販売者に相談してください。

タナベ胃腸薬<調律>の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。