奥田脳神経薬

奥田脳神経薬の基本情報

奥田脳神経薬の概要

商品名 奥田脳神経薬
薬のタイプ 内服 / 指定第2類
製造会社 奥田製薬
販売会社名 奥田製薬

奥田脳神経薬の特徴

毎日の生活は、朝から晩まであらゆる事に神経を使い、一刻も気の
休まる時がありません。まして現代のように目まぐるしく急テンポで
変化する時代に適応して生きて行くためには、神経を酷使するのも
止むを得ない状況にあります。
この様なストレスから、いろいろな神経症状を起こして苦しみ、
うっとうしい毎日を送っている人が大変多いものです。
奥田脳神経薬は、これらの神経症状を抑えるのに必要な鎮静、
鎮痛等に効果のある和漢洋の薬剤を配合した、のみやすい錠剤の
鎮静薬です。

奥田脳神経薬の効果・効能

いらいら、不安感、頭痛、頭重、のぼせ、めまい、耳鳴り、首のこり・肩のこり。

奥田脳神経薬の構成成分

10錠(1日服用量)中 チョウトウ末(釣藤末)30mg、ニンジン末(人参末)475mg、サンソウニン(酸棗仁)30mg、テンナンショウ末(天南星末)30mg、シンイ末(辛夷末)30mg、インヨウカク末(淫羊かく末)30mg、サイシン末(細辛末)30mg、ルチン50mg、カフェイン水和物300mg、ブロモバレリル尿素600mg、グリセロリン酸カルシウム300mg

奥田脳神経薬の用法・用量

次の量を、さゆ又は水で服用してください。
大人(15歳以上):1回5錠。
1日2回服用。
15歳未満:服用しないこと。
<用法・用量に関連する注意>
1.朝夕なるべく食後に服用してください。
2.人により、就寝前に服用すると眠りにくくなることがありますので、このような方は就寝直前に服用しないで4~5時間前に服用してください。
3.定められた用法・用量を守ってください。

奥田脳神経薬の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、または薬剤師に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。
 (3)授乳中の人。
 (4)高齢者または虚弱者。
 (5)本人または家族がアレルギー体質の人。
 (6)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (7)次の診断を受けた人。
   腎臓病、肝臓病、心臓病、胃潰瘍緑内障、呼吸機能低下
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師または
  薬剤師に相談すること
 (1)服用後、次の症状があらわれた場合。
   〔関係部位〕       〔症  状〕
    皮   ふ : 発疹発赤、かゆみ、じんましん
    消 化 器 : 悪心・嘔吐、食欲不振、下痢
    精神神経系 : めまい、不眠
    そ の 他 : どうき、のぼせ、倦怠感
 (2)5~6回服用しても症状がよくならない場合。

奥田脳神経薬の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。