すいぎんちゅうどく
水銀中毒
水銀が体内に入ることによって生じる中毒症状
7人の医師がチェック 79回の改訂 最終更新: 2017.12.06

水銀中毒の基礎知識

水銀中毒について

  • 水銀が体内に入る事によって生じる中毒症状
  • 無機水銀と有機水銀で病状が異なる
    • 無機水銀による中毒
      ・腎臓の機能が低下する
    • 有機水銀による中毒
      ・脳、脊髄に入り込み、後遺症を残す
  • 有機水銀を多量に含んだ魚を食べることで体内に入る 
    • 魚は、水から水銀を取り込みやすい
    • 妊婦が魚を摂取することで、胎児が感染する
  • 有機水銀による中毒には、水俣病がある

水銀中毒の症状

  • 無機水銀による中毒の場合に起こる症状
    • 胃、腹部の疼痛
    • 嘔吐
    • 血が混じった下痢
  • 有機水銀による中毒の場合に起こる症状
    • しびれ
    • 手指のふるえ
    • 歩行障害

水銀中毒の検査・診断

  • 血液検査:血中の水銀濃度を調べる
  • 尿検査:尿中の水銀濃度を調べる
  • 髪の毛の水銀量を調べる

水銀中毒の治療法

  • 水銀を体内に取り込んだ場合の緊急治療
    • 牛乳を飲ませるなどして、吐かせる(誤飲などの応急処置)
    • キレート療法:キレート剤(ジメルカプロール、ペニシラミン)により、水銀の排泄を促す
  • 妊婦は水銀含有量が高い魚介類(メカジキ、キンメダイ、クロマグロなど)の摂取に注意する
  • 長期的な症状に対する根本治療は未だ実用化されていない



MEDLEYニュース新着記事