まろりーわいすしょうこうぐん
マロリーワイス症候群
繰り返す激しい嘔吐のために食道に圧が加わり、食道と胃の中間付近の粘膜が破れて出血する病気
11人の医師がチェック 127回の改訂 最終更新: 2017.08.04

Beta マロリーワイス症候群についての医師コメント

激しい嘔吐を繰り返しているうちに血を吐いてしまった、と慌てふためいて救急車を呼ばれることが多いです。よくあるのが、飲酒後に気持ち悪くなって何度も吐き、吐いているうちに血もまじってきたということでしょうか。
アルコール多飲者の吐血であればアルコール性肝硬変→食道静脈瘤破裂→大量吐血というシナリオも考えられるため、胃カメラの検査は行います。その結果、マロリーワイス症候群だったということがあります。
マロリーワイスという聞き覚えのない名前がついていますが、出血が少量であれば特に処置は必要ありません。入院の必要もなくそのまま帰宅できることもあります。
とはいえ、ケースによって異なりますから、心配であればやはり胃カメラのできる病院を受診することが重要です。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.05.03


MEDLEYニュース新着記事