さんせんべんへいさふぜんしょう(さんせんべんぎゃくりゅうしょう)
三尖弁閉鎖不全症(三尖弁逆流症)
右心房と右心室の間にある三尖弁がしっかり閉じなくなることで、本来は起こらないはずの右心室から右心房への血液の逆流が起こる状態
9人の医師がチェック 123回の改訂 最終更新: 2017.12.06

Beta 三尖弁閉鎖不全症(三尖弁逆流症)についての医師コメント

実際には心エコー検査をすると高齢者になればほとんどの方に三尖弁閉鎖不全症は認められます。三尖弁自体の問題よりも心不全や、水分の容量負荷など2次的な場合が多いですのでその原因を調べることが必要です。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.02.26

歳を重ねたことで三尖弁の形が変わり、三尖弁閉鎖不全をおこすことがある。
例えば健診で心雑音が聞こえると言われ、二次検査で心エコー検査を受け、その結果、軽症の三尖弁閉鎖不全です、と言われたような場合には無治療で様子をみることになる。
無治療で心配な方は年1回くらい心エコーを受けていただけると、医師側としても病状の進み具合がわかり治療方針を立てやすくなるのでありがたい。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.02.25