にがたとうにょうびょう
2型糖尿病
体内のインスリンの量が少なくなったり、その効果が出にくい体質になることで、血糖値が高くなってしまう病気
17人の医師がチェック 128回の改訂 最終更新: 2017.12.16

Beta 2型糖尿病についての医師コメント

内服療法と長時間作用型インスリン注射の組み合わせであるBOT療法を行うことで、インスリン強化療法(一日4回打ち)で管理されていた多くの方を1回打ちに変更して来ました。
実際には4回打ちが不要なことも多く経験します。医師にご相談ください。


匿名協力医師
実際の治療例
2015.04.05

生活習慣の改善が何よりも重要です。また、血糖を正常化させる目的は微小血管、心血管、脳血管疾患を予防することです。過去によく用いられていたスルフォニルウレアは低血糖の誘発によりこれらの合併症をむしろ増やしてしまうことが知られており、なるべく処方しないようにしています。薬物療法で最も重要なのはメトホルミンの内服です。腎機能に注意しながら使用します。嘔気、下痢、肝障害などの副作用を稀に経験しますので少量ずつから開始します。処方量が増えたとしても、必ずしも糖尿病が悪化したわけではありません。糖尿病が良くなればもちろん改善します。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.04.05


MEDLEYニュース新着記事