しんきんこうそく
心筋梗塞
心臓の筋肉に酸素を送る血管(冠動脈)が詰まってしまい、組織が壊死すること。痛み・冷や汗・吐き気などの症状がないこともある。突然死の原因になる
33人の医師がチェック 360回の改訂 最終更新: 2018.02.09

Beta 心筋梗塞についての医師コメント

心筋梗塞、といえば胸痛ですが、具体的には重苦しい、圧迫される様な痛みです。鋭い痛みのときは別の疾患のことが多いです。とはいえ、なかなか典型的な症状で発症しないことも多いので、あやしいと思ったらすぐに救急車を。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.04.08

胸が痛んで冷や汗が出てくる、あるいは、死の危機を感じ「救急車を呼んでほしい」と考える、などは、とても心筋梗塞「らしい」症状です。
虚血性心疾患のリスクファクターである、喫煙、高血圧、糖尿病(食後高血糖を含む)、脂質異常症をお持ちの方や健診で指摘されても放っておいた方で上記のような症状を感じたら、迷わず119番にご連絡を。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.03.13

心筋梗塞のご説明をする際、虫歯治療にたとえることがあります。
1本の歯に虫歯がみつかりその歯を治療しても、その後に歯磨きをしなかったり間食をしたり飴やチョコレートを毎日食べていたら、近いうちに別の歯にも虫歯が見つかることでしょう。
同じように、一度心筋梗塞の治療をしても、その後に生活習慣を改めなければ、近いうちに心筋梗塞が再発する可能性が高いのです。
心筋梗塞の再発予防には、生活習慣病と上手に付き合うこと、そのために食事や運動習慣を見直すこと、ストレスをためずに生活するには自分になにが必要か考えること、そんなことが大事だと思います。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.03.13

心筋梗塞には前兆がある場合とない場合があります。心筋梗塞の前兆として狭心症状がでることがあるので、ここ数日歩行時に胸部圧迫感を自覚する、冷や汗のでるような胸部圧迫感があった際などは早めに病院を受診するようにしましょう。
狭心症と、心筋梗塞は病因の多くは同じで似た病気ですが症状と重症度は全く異なることが多いです。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.03.13

心筋梗塞は、生活習慣病を積み重ねた結果としてなることもあれば、そうでないこともあります。突然前触れもなく起こしてしまった場合には仕方がありませんが、高血圧、脂質異常症(コレステロールや中性脂肪)、糖尿病、喫煙習慣などがある方は、心筋梗塞の発症を機にぜひとも生活習慣の改善に強く取り組むことで、更なる発作の予防を目指して下さい。


匿名協力医師
患者さんへのメッセージ
2015.03.11


MEDLEYニュース新着記事