2015.12.16 | ニュース

エクストラバージンオリーブオイルで肥満も安心?

アメリカでの調査から
from Nutrition & metabolism
エクストラバージンオリーブオイルで肥満も安心?の写真
(C) Dušan Zidar- Fotolia.com

脂質は免疫や心臓の病気等に影響を与えますが、種類による差はあまり知られていません。今回著者らは、果汁から直接得られ品質も高いエクストラバージンオリーブオイルの、過体重や肥満の高齢者に対する効果を調べました。

◆65才以上の過体重、肥満の被験者に対する試験

著者らは、以下の試験を行いました。

65才以上の41人の過体重または肥満の被験者に対し、無作為一重盲検で偽薬対照試験を行った。彼らは典型的なアメリカ人の食生活を取っている。対照群の被験者(21人)はコーンと大豆オイルとバターの組み合わせで食事し、オリーブオイル群(20名)は油脂をエクストラバージンオリーブオイルに代えて食事をとった。基準期と3ヶ月において、血圧と生化学的および免疫学的パラメーターを、飢餓時の血液、遅延型過敏皮膚応答を利用して測定した。

つまり、65歳以上で肥満気味の人を、似たような食生活で普通の脂質をとる群とエクストラバージンオイルに代用した群に分け、3ヶ月間の後、血圧や免疫機能等の測定を行いました。

 

◆エクストラバージンオリーブオイルにすると、血圧やコレステロール値等が改善される

著者らは以下の結果を得ました。

対照群と比較し、オリーブオイル使用群は収縮期血圧の低下を示し(P<0.05)、血清HDL-C濃度上昇の強い傾向(P=0.06)、抗CD3/CD28抗体刺激T細胞の増殖(P<0.05)を示した。

つまりエクストラバージンオリーブオイルに変えると、血圧低下、活性化した免疫系を抑える制御性T細胞の増加に繋がりました。

 

著者らは、「過体重および肥満の高齢者に対し、アメリカ人の典型的な食事で使われる油脂をエクストラバージンオリーブオイルに変更すると心代謝と免疫に関する健康的な利益がある可能性を示している。」と結論付けています。

高齢者で肥満の方を対象にした試験結果ですが、血圧の改善は様々な疾病の予防に繋がる可能性があり、具体的に作用する成分の同定が待たれます。

執筆者

高田

参考文献

Cardio-metabolic and immunological impacts of extra virgin olive oil consumption in overweight and obese older adults: a randomized controlled trial.

Nutr Metab (Lond). 2015 Aug 7;12:28

[PMID: 26251666]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事