処方薬
ケンブラン吸入粉末溶解用100mg
先発

ケンブラン吸入粉末溶解用100mgの基本情報

ケンブラン吸入粉末溶解用100mgの概要

商品名 ケンブラン吸入粉末溶解用100mg
一般名 メタコリン塩化物吸入剤
薬価・規格 7514.9円 (100mg1瓶)
薬の形状
外用薬 > 経口剤 > 吸入剤
外用薬 > 経口剤 > 吸入剤のアイコン
製造会社 参天製薬
YJコード 7290708G1033
レセプト電算コード 622471901
添付文書PDFファイル

ケンブラン吸入粉末溶解用100mgの主な効果と作用

  • 気道の敏感さを検査するためのお薬です。

ケンブラン吸入粉末溶解用100mgの用途

  • 気道過敏性検査

ケンブラン吸入粉末溶解用100mgの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

咳嗽、喘鳴、酸素飽和度低下、呼吸音異常、息詰まり感

起こる可能性のある重大な副作用

呼吸困難、重度気管支収縮

ケンブラン吸入粉末溶解用100mgの用法・用量

  • メタコリン塩化物100mgに日局生理食塩液を加え溶解及び希釈し、0.039~25mg/mLの範囲の適切な希釈系列の希釈液を調製する
  • 成人及び小児ともに、調製した希釈系列を低濃度よりネブライザーを用いて吸入し、気道過敏性検査を実施する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ケンブラン吸入粉末溶解用100mgの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 過敏症
    • 呼吸困難
    • 喘鳴
    • コントロール不良の高血圧
    • 大動脈瘤
    • 3カ月以内に脳梗塞
    • 脳動脈瘤
    • 1秒量が1L未満
    • 3カ月以内に心筋梗塞
    • 気流制限が高度
    • 対標準1秒量<%FEV1>が50%未満
    • 同日に気道過敏性検査を実施
    • アジソン病
    • 尿路閉塞
    • 甲状腺機能亢進症
    • 消化管閉塞
    • てんかん
    • パーキンソニズム
    • 迷走神経亢進状態
    • 1秒量が1.5L未満
    • コリンエステラーゼ阻害薬常用中の重症筋無力症
    • 気流制限が中等度
    • 徐脈を伴う心血管系疾患
    • 消化性潰瘍疾患
    • 対標準1秒量<%FEV1>が70%未満

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。
    • 高齢者(65歳〜)

ケンブラン吸入粉末溶解用100mgの注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
β-遮断剤 本剤による気管支収縮が増強又は持続
コリン作動薬 本剤のコリン作動性作用に基づく副作用を増強
コリンエステラーゼ阻害剤 本剤のコリン作動性作用に基づく副作用を増強
β2-刺激剤 本剤による検査において正確な検査結果が得られない
抗コリン作用を有する薬剤 本剤による検査において正確な検査結果が得られない
テオフィリン 本剤による検査において正確な検査結果が得られない
抗喘息薬 本剤による検査において正確な検査結果が得られない
抗アレルギー薬 本剤による検査において正確な検査結果が得られない
パパベリン 本剤による検査において正確な検査結果が得られない
吸入ステロイド薬 本剤による検査において正確な検査結果が得られない

飲食物との組み合わせ注意

  • カフェインを含むもの<コーヒー、日本茶、紅茶、コーラ、チョコレート など>

ケンブラン吸入粉末溶解用100mgと主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る