プロペシア錠0.2mg - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
プロペシア錠0.2mg

プロペシア錠0.2mgの基本情報

プロペシア錠0.2mgの概要

商品名 プロペシア錠0.2mg
一般名 フィナステリド錠
薬価・規格 - 円 (0.2mg1錠)
薬の形状
内用薬 > 錠剤 > 錠
内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
製造会社 オルガノン
ブランド プロペシア錠0.2mg 他
YJコード 249900XF1021
識別コード MSD22
添付文書PDFファイル

プロペシア錠0.2mgの主な効果と作用

  • ホルモンのバランスを整え、髪の毛が薄くなるのをおさえる働きがあります。
  • 男性型脱毛症で髪の毛が薄くなるのをおさえるお薬です。

プロペシア錠0.2mgの用途

プロペシア錠0.2mgの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

リビドー減退、勃起機能不全、射精障害、精液量減少、過敏症、そう痒症、じん麻疹、発疹、血管浮腫、口唇腫脹、舌腫脹

起こる可能性のある重大な副作用

肝機能障害

上記以外の副作用

咽喉腫脹、顔面腫脹、睾丸痛、血精液症、男性不妊症、精液の質低下、精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常、AST上昇、ALT上昇、γ-GTP上昇、乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

プロペシア錠0.2mgの用法・用量

  • 男性成人には、通常、フィナステリドとして0.2mgを1日1回経口投与する
    • なお、必要に応じて適宜増量できるが、1日1mgを上限とする
  • (用法及び用量に関連する注意)3ヵ月の連日投与により効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで通常6ヵ月の連日投与が必要である
    • また、効果を持続させるためには継続的に服用すること
    • なお、増量による効果の増強は、確認されていない
  • 本剤を6ヵ月以上投与しても男性型脱毛症進行遅延がみられない場合には投薬を中止すること
    • また、6ヵ月以上投与する場合であっても定期的に効果を確認し、継続投与の必要性について検討すること
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

プロペシア錠0.2mgの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

プロペシア錠0.2mgと主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る