グリセリン「NikP」 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
グリセリン「NikP」

グリセリン「NikP」の基本情報

グリセリン「NikP」の概要

商品名 グリセリン「NikP」
一般名 グリセリン
薬価・規格 11.1円 (10mL)
薬の形状
外用薬 > 皮膚塗布剤 > 液
外用薬 > 皮膚塗布剤 > 液のアイコン
製造会社 日医工
YJコード 2357700X1493
レセプト電算コード 620482462
添付文書PDFファイル

グリセリン「NikP」の主な効果と作用

  • 直腸内の水分を吸収し、腸壁を刺激して、腸の運動を活発にする働きがあります。
  • 保湿効果があり、皮膚の乾燥を防ぐ働きがあります。
  • 軟膏の基剤などに用いるお薬です。
  • 便通をよくするお薬です。
  • 皮膚の乾燥を防ぐお薬です。

グリセリン「NikP」の用途

  • 軟膏基剤
  • 溶剤
  • 粘滑剤
  • 湿潤剤
  • 浣腸液の調剤

グリセリン「NikP」の用法・用量

  • 浣腸液の調剤に用いる
    • また、溶剤、軟膏基剤、湿潤・粘滑剤として調剤に用いる
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

グリセリン「NikP」と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る