処方薬
イソバイドシロップ70%
先発

イソバイドシロップ70%の添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

脳腫瘍時の脳圧降下、頭部外傷に起因する脳圧亢進時の脳圧降下、腎結石時・尿管結石時の利尿、緑内障の眼圧降下、メニエル病。

用法・用量

  1. 脳圧降下、眼圧降下、及び利尿を目的とする場合には、1日量70~140mLを2~3回に分けて経口投与する。症状により適宜増量する。

  2. メニエル病の場合には、1日体重当り1.5~2.0mL/kgを標準用量とし、1日量90~120mLを毎食後3回に分けて経口投与する。症状により適宜増減する。

    必要によって冷水で2倍程度に希釈して経口投与する。

副作用

承認時の臨床試験、市販後の副作用頻度調査及びメニエル病に関する効能追加時の臨床試験により報告された症例1,126例中、83例(7.4%)に88件の副作用が認められている。その主なものは嘔気16件(1.4%)、悪心13件(1.2%)、下痢13件(1.2%)、嘔吐11件(1.0%)等の消化器症状であった(効能追加時)。

  1. 重大な副作用

    ショック、アナフィラキシー様症状(頻度不明):ショック、アナフィラキシー様症状が現れることがあるので、観察を十分に行い、発疹、呼吸困難、血圧低下、動悸等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。

  2. その他の副作用

    1. 消化器:(0.1~5%未満)嘔気、悪心、下痢、嘔吐、食欲不振[このような副作用が現れた場合には減量・休薬等の適切な処置を行う]。
    2. 精神神経系:(0.1~5%未満)不眠、頭痛[このような副作用が現れた場合には減量・休薬等の適切な処置を行う]。
    3. 過敏症:(頻度不明)発疹、紅斑[発疹、紅斑の副作用については投与を中止する]。
    4. 長期連用:電解質異常(頻度不明)を起こすことがある[このような副作用が現れた場合には減量・休薬等の適切な処置を行う]。

使用上の注意

(禁忌)

  1. 本剤及び本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。

  2. 急性頭蓋内血腫のある患者[急性頭蓋内血腫を疑われる患者に、頭蓋内血腫の存在を確認することなく本剤を投与した場合、脳圧により、一時止血していたものが、頭蓋内圧の減少とともに再び出血し始めることもあるので、出血源を処理し、再出血の恐れのないことを確認しない限り本剤を投与しない]。

(慎重投与)

  1. 脱水状態の患者[本剤の利尿作用により症状を悪化させることがある]。

  2. 尿閉又は腎機能障害のある患者[本剤の利尿作用により症状を悪化させることがある]。

  3. うっ血性心不全のある患者[浸透圧利尿作用のため循環血液量が増大し、心臓に負担をかけることがある]。

(高齢者への投与)

一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。

(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。

(取扱い上の注意)

  1. 本剤は保存条件により、多少色調の変化が見られることがあるが、品質、薬効には影響はない。

  2. 500mL瓶を開封後は密栓し冷所に保存する。