処方薬
オペガン1.1眼粘弾剤1%
先発

オペガン1.1眼粘弾剤1%の基本情報

オペガン1.1眼粘弾剤1%の概要

商品名 オペガン1.1眼粘弾剤1%
一般名 精製ヒアルロン酸ナトリウム液
薬価・規格 6317.0円 (1%1.1mL1筒)
薬の形状
外用薬 > 目・耳鼻用剤 > 液
外用薬 > 目・耳鼻用剤 > 液のアイコン
製造会社 生化学
ブランド オペガンハイ0.4眼粘弾剤1% 他
YJコード 1319720Q9041
添付文書PDFファイル

オペガン1.1眼粘弾剤1%の主な効果と作用

  • 白内障手術、眼内レンズ挿入術、全層角膜移植術における手術の補助に用います。

オペガン1.1眼粘弾剤1%の用途

  • 眼内レンズ挿入術の手術補助
  • 全層角膜移植術の手術補助
  • 白内障手術の手術補助

オペガン1.1眼粘弾剤1%の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

眼圧上昇、眼内レンズ表面混濁、角膜浮腫、眼炎症反応、嚢胞様黄斑浮腫、角膜混濁、前房出血、虹彩新生血管、虹彩後癒着、結膜癒着不全、散瞳

上記以外の副作用

水晶体混濁、浅前房、眼疼痛、霧視、眼のかゆみ

オペガン1.1眼粘弾剤1%の用法・用量

  • 1.白内障手術・眼内レンズ挿入術を連続して施行する場合には、0.4~1.0mLを前房内へ注入する
    • また、眼内レンズのコーティングに約0.1mL使用する
    • 但し、白内障手術又は眼内レンズ挿入術のみを施行する場合には、次のとおりとする
  • 1).白内障手術:0.1~0.6mLを前房内へ注入する
  • 2).眼内レンズ挿入術:眼内レンズ挿入前に、0.1~0.5mLを前房内へ注入する
    • また、眼内レンズのコーティングに約0.1mL使用する
  • 2.全層角膜移植術:移植眼の角膜片を除去後に、0.1~0.5mLを前房内へ注入し、移植片角膜を本剤上に浮遊させて縫合を行う
    • また、提供眼の移植片角膜のコーティングに約0.1mL使用する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

オペガン1.1眼粘弾剤1%の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

オペガン1.1眼粘弾剤1%と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る