ユンケルB12アクティブα

ユンケルB12アクティブαの基本情報

ユンケルB12アクティブαの概要

商品名 ユンケルB12アクティブα
薬のタイプ 内服 / 第3類
製造会社 佐藤製薬
販売会社名 佐藤製薬

ユンケルB12アクティブαの特徴

ユンケルB12アクティブαは・・・
●末梢神経の機能を整えて、神経痛、腰痛、手足のしびれに効果をあらわすメコバラミン(活性型ビタミンB12)を配合しています。
●天然型ビタミンEを配合して、末梢の血行を促進することにより、肩こり、腰痛、手足のしびれに効果をあらわします。
軟骨組織中に存在し、弾力性や保水性を与える役割をするコンドロイチン硫酸エステルナトリウムを配合しています。

ユンケルB12アクティブαの効果・効能

次の諸症状の緩和:腰痛、手足のしびれ(手足のしびれ感)、神経痛、肩のこり・首すじのこり。 「但し、これらの症状について、1カ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師又は薬剤師に相談すること。」

ユンケルB12アクティブαの構成成分

6錠中 メコバラミン(活性型ビタミンB12)1.5mg、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム900mg、L-アスパラギン酸マグネシウム・カリウム200mg、酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)10mg

ユンケルB12アクティブαの用法・用量

次記の1回服用量を食後に服用します。
成人(15歳以上):1回2錠。
1日3回服用。
15歳未満:服用しないでください。
<用法・用量に関連する注意>
定められた用法・用量を厳守してください。

ユンケルB12アクティブαの主な副作用

1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮膚    : 発疹
    消化器   : 食欲不振、吐き気、胃部不快感
2.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
   下痢、便秘
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください

ユンケルB12アクティブαの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。