御岳百草丸分包

御岳百草丸分包の基本情報

御岳百草丸分包の概要

商品名 御岳百草丸分包
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 長野県製薬
販売会社名 長野県製薬

御岳百草丸分包の特徴

◇食べ過ぎ、飲み過ぎ、さらに生活習慣の複雑化によるストレス、精神的疲労、
不安などによって胃腸の不調、不快感、機能の衰えなどが起こりがちです。
胃の変調を感じたとき、胃の働きの正常化をはかり、保護することが大切です。
◇御岳百草丸は、生薬よりなる胃腸薬で、胃腸に作用し、その機能を高め、
胃弱、消化不良、食欲不振、胸やけ、二日酔・悪酔のむかつきなどを改善します。

御岳百草丸分包の効果・効能

食べ過ぎ、飲み過ぎ、胸やけ、胃弱、食欲不振(食欲減退)、消化不良、胃部膨満感腹部膨満感、もたれ、胸つかえ、はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔のむかつき・悪酔のむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐。

御岳百草丸分包の構成成分

成人の1日服用量(60粒)中 オウバクエキス1600mg(原生薬換算量:2240mg)、(局)コウボク末700mg、(局)ゲンノショウコ末500mg、(局)ビャクジュツ末500mg、(局)センブリ末35mg <成分・分量に関連する注意> 生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品のため、製品により丸剤の色調・味が多少異なることがありますが、効能・効果に変わりありません。

御岳百草丸分包の用法・用量

1日3回、食後に水又はお湯と一緒に服用してください。
食後とは、食事後30分くらいまでを言います。
成人(15歳以上):1回20粒。
11歳以上15歳未満:1回15粒。
8歳以上11歳未満:1回10粒。
5歳以上8歳未満:1回6粒。
3歳以上5歳未満:1回5粒。
1日3回服用。
3歳未満:服用しないこと。
<用法及び用量に関連する注意>
1.定められた用法及び用量を厳守してください。
2.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
3.3歳以上の幼児に服用させる場合には、薬剤がのどにつかえることのないよう、よく注意してください。

御岳百草丸分包の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
   医師の治療を受けている人。
2.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、
  この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

御岳百草丸分包の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。