こうさんきゅうせいはいえん
好酸球性肺炎
白血球の一種である好酸球が関与している、アレルギー性の肺炎
8人の医師がチェック 85回の改訂 最終更新: 2017.12.06

Beta 好酸球性肺炎についての医師コメント

少年のタバコの吸いはじめ1週間程度での急性好酸球性肺炎を経験したことがあります。低酸素血症が強かったものの幸い人工呼吸療法などは要さず改善されました。一般に再喫煙による急性好酸球性肺炎の再罹患は少ないといわれていますが、稀に報告があるようです。本人だけでなく家族や友人の方の喫煙も問題となるため、全員を禁煙させるのは中々難しいと言わざるを得ません。医療者として「なるべく煙を避けて生活するように」としか言えないのがもどかしい、という経験があります。


匿名協力医師
実際の治療例
2015.04.18

MEDLEYニュース新着記事