男性乳児(1歳未満) で皮膚の色の変化の原因となる病気

追加の質問
以下の中で、他に当てはまる症状はありますか?
発熱
寒気
皮膚のかゆみ
脱毛
尿の回数の変化
意識がない・意識が消えかける

男性乳児(1歳未満) で皮膚の色の変化の原因となる病気

  • じんましん(蕁麻疹)

    皮膚が赤く腫れ、短時間で消える症状。原因はアレルギー、物理的刺激、発汗など。市販薬にもある抗ヒスタミン薬の飲み薬が有効。原因不明で長引く場合もある
    皮膚
    アレルギー・膠原病科
    皮膚科
  • 水痘(みずぼうそう、水疱瘡)

    ウイルスが原因で、全身に分布する水ぶくれを主体とする発疹と発熱を来す疾患
    全身・その他
    頭・顔・口
    皮膚
    一般内科
    感染症内科
    皮膚科
    小児科
  • 新生児高ビリルビン血症(新生児黄疸)

    生まれて数日後にビリルビンが上昇し黄疸が起こった状態。ある程度は自然の経過であり病気ではないが、重症の場合は治療が必要
    皮膚
    血液・血管
    小児科
  • 食物アレルギー

    特定の食べ物によって引き起こされるアレルギー反応。腸の、免疫を抑える機能の異常や発達不足が原因と言われている
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    皮膚
    一般内科
    アレルギー・膠原病科
    小児科
  • 汗疹(あせも)

    汗が皮膚に閉じこめられたことが原因で起こる、湿疹を伴った場合はかゆみが出現する
    皮膚
    皮膚科
  • 湿疹(皮膚炎)

    「かゆみや赤み」、「がさつき」、「ぶつぶつ」などを示す皮膚の異常
    皮膚
    皮膚科
  • 川崎病

    小児に起こる全身の血管炎により、発熱・発疹・冠動脈病変など様々な症状を引き起こす
    全身・その他
    首・のど
    皮膚
    リンパ球・リンパ節
    小児科
  • 尋常性白斑

    生まれた後に皮膚の色が抜け、皮膚が部分的に白くなる病気。明らかな原因は分かっていないが、外見の問題以外の症状はない
    皮膚
    皮膚科
  • 敗血症

    病原体が血液中に入り込んで全身に広がった重篤な状態
    全身・その他
    血液・血管
    感染症内科
    救急科
  • 前立腺肥大症

    前立腺肥大症は前立腺の良性腫瘍です。前立腺肥大により排尿障害などの症状をみとめることを前立腺肥大症といいます
    陰部・肛門
    泌尿器科
  • 男性型脱毛症(AGA)

    思春期以降に始まり、徐々に進行する脱毛。女性に起こることもある。
    頭・顔・口
    皮膚
    一般内科
    皮膚科
  • アルコール性肝障害

    大量のアルコール摂取を続けることにより、肝臓の機能が低下した状態
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
  • 肝硬変

    肝臓の細胞の破壊と再生が繰り返されたことで、肝臓が線維化(肝細胞に炎症が繰り返される影響で組織が硬くなって機能を失うこと)している状態
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
  • 手足口病

    子供におこるウイルス感染症の一つ。口や手足にぶつぶつができる。
    頭・顔・口
    手足
    一般内科
    感染症内科
    小児科
  • 急性腎障害(急性腎不全)

    何らかの理由で腎臓の機能が急激に低下した状態。体の水分のバランスや、血液中の成分のバランスが保てなくなってしまう状態
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    腎臓内科
  • 急性気管支炎

    喉の炎症が気管支まで波及して、激しい咳や痰をともなうようになった状態
    胸(肺・心臓・その他)
    一般内科
    呼吸器内科
  • 稗粒腫

    皮膚の表面に、小さな白い老廃物の粒ができる病気
    眼科
  • 脂漏性皮膚炎

    皮脂(皮膚のあぶら)がよく出る部位に起こる湿疹。赤ちゃんと成人に多い
    皮膚
    皮膚科
  • 蒙古斑

    背中からおしりに、青いあざがみられる症状。アジア人に特徴的であり、腕などに現れるものは異所性蒙古斑と呼ばれる
    皮膚
    皮膚科
    小児科

「症状チェッカー」は医師による診断行為の代替ではありません。病気を診断する上では症状だけでなく普段の様子や診察結果が重要です。「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことに留意してご使用下さい。