オイラックス潤乳液

オイラックス潤乳液の基本情報

オイラックス潤乳液の概要

商品名 オイラックス潤乳液
薬のタイプ 外用 / 第3類
製造会社 田村薬品工業
販売会社名 第一三共ヘルスケア

オイラックス潤乳液の特徴

1.尿素の作用により、角質の水分保持力を増加させ、カサカサした皮膚に潤いをあたえます。
2.クロタミトン、ジフェンヒドラミン、グリチルレチン酸の作用により不快なかゆみをしずめます。
3.少量で広い範囲に塗れる乳液です。
4.Water in Oilタイプ(W/O型)の乳液なので、皮脂膜(W/O型)となじみやすく、効果的にはたらきます。

1)かゆみ止め成分が浸透
2)尿素が水分をとりこむ

オイラックス潤乳液の効果・効能

かゆみを伴う乾燥性皮膚(老人の乾皮症・成人の乾皮症、小児の乾燥性皮膚)。

オイラックス潤乳液の構成成分

100g中 尿素10g、クロタミトン5g、ジフェンヒドラミン1g、グリチルレチン酸0.3g 塗布後ほてり(熱感)を感じることがありますが、ごく短時間のうちに消失します。

オイラックス潤乳液の用法・用量

1日数回、適量を患部に塗布してください。
<使用法に関連する注意>
1.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
2.目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
3.外用にのみ使用してください。
4.使用前によく振ってください。

オイラックス潤乳液の主な副作用

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
関係部位・・・症状
皮膚・・・発疹発赤、かゆみ、はれ、かぶれ、刺激感(痛み、熱感、ぴりぴり感)、かさぶたの様に皮膚がはがれる
3.2週間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

オイラックス潤乳液の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。