女性高齢者(66歳以上) で[体重が増えている,以前から皮膚が腫れている、むくんでいる(1週間以上)]の原因となる病気 | MEDLEY(メドレー)

女性高齢者(66歳以上) で[体重が増えている,以前から皮膚が腫れている、むくんでいる(1週間以上)]の原因となる病気

問診
[以前から皮膚が腫れている、むくんでいる(1週間以上)]について詳しく教えてください。次に当てはまるものはありますか?

女性高齢者(66歳以上) で[体重が増えている,以前から皮膚が腫れている、むくんでいる(1週間以上)]の原因となる病気

  • 心不全

    心臓の機能が低下して血液を十分に送り出せない状態。さまざまな心臓の病気が原因となり起こる
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    一般内科
    循環器内科
  • 慢性腎臓病

    何らかの原因により腎臓の機能が低下した状態または尿にタンパク質が出る状態が3か月以上持続した状態
    全身・その他
    背中・腰・腎臓・膵臓・その他
    腎臓内科
  • ロコモティブシンドローム

    加齢や関節の病気、筋肉や骨の弱化などによって起こる要介護状態
    骨・関節
    筋肉
    整形外科
    リハビリテーション科
  • 特発性浮腫

    むくみがあるにも関わらず、様々な検査を行ってもその原因が特定できない状態
    全身・その他
    一般内科
    皮膚科
  • 甲状腺機能低下症

    身体の新陳代謝(エネルギー代謝)を活発にする甲状腺ホルモンが、何らかの理由で不足している状態
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    皮膚
    一般内科
    代謝・内分泌内科
  • 急性ストレス反応

    強い精神的ストレスに反応して起こる一過性の精神障害。通常は数日から1ヶ月以内に治まる
    こころ
    精神科・心療内科
  • ネフローゼ症候群

    腎臓に障害が起こり、本来漏れでない量のタンパク質が尿の中に漏れ出る状態。その結果、血液の中のタンパク質が減少し様々な症状が現れる
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    腎臓内科
  • 糖尿病

    血液中のブドウ糖(血糖)濃度を、正常範囲内にとどめておくことが出来なくなる病気。長期に放置すると眼、神経、腎臓など多くの臓器に悪影響が出る
    全身・その他
    一般内科
    代謝・内分泌内科
  • 廃用症候群

    体の活動性が落ちた状態が続くことで、肉体的、精神的な機能の低下が起こり、その結果として現れる症状の総称
    全身・その他
    一般内科
    神経内科
    リハビリテーション科
  • 子宮筋腫

    子宮の壁の筋肉の層にできた良性腫瘍。健診や過多月経の精査などで見つかることが多い
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    産婦人科
  • うつ病

    抑うつ気分、意欲低下、希死念慮(死にたいと思うこと)などが持続する状態。治療は薬や認知行動療法など
    こころ
    精神科・心療内科

「症状チェッカー」は医師による診断の代替ではありません。症状だけでなく普段の様子や検査の結果などを踏まえて総合的に判断される必要があるため、「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことを留意してご使用下さい。

注:前版で用いていた理論を基本とし、多くの医師の臨床現場における肌感を元に対象疾患などを改良いたしました。