あしぜんたいのしびれ(ピクピク、チクチク)
脚全体のしびれ(ピリピリ、チクチク)

脚全体のしびれ(ピリピリ、チクチク)の基礎知識

概要

足のしびれの原因は、腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症など脊椎の病気が多いです。しびれだけでなく足の力が入りにくい場合は、すぐに整形外科の受診が必要です。

両手足のしびれなど、左右対称に全身に広がる場合は、過換気症候群など危険性が低い病気の可能性が高いです。

原因とメカニズム

痺れの感覚の神経は、手足から伸びて、頚椎や腰椎で脊髄に入り、脳につながっています。その経路のどこかが障害されると、痺れの感覚があらわれます。

例えば脳卒中では脳で感覚神経が障害され、腰部椎間板ヘルニアでは腰の部分で感覚神経が障害されます。

症状から考えられる病気

あるとき突然起きた

脳卒中脳出血脳梗塞)の可能性がありますが、しびれだけを症状とすることは稀で、手足を動かしにくい、ろれつが回らない、意識状態が悪いといった症状も同時にあることが多いです。

片脚が痺れ、動かしにくい

頚椎椎間板ヘルニア、頚部脊柱管狭窄症、脳卒中脳出血脳梗塞)、脳腫瘍の可能性もあります。

しばらく歩くと、足が痺れ、力が入りにくくなる

間欠性跛行と呼ばれる症状で、腰部脊柱管狭窄症の可能性があります。間欠性跛行は、しばらく休むと良くなります。

両手足が痺れる

両手足が痺れる場合、脳卒中頚椎椎間板ヘルニア、頚部脊柱管狭窄症の可能性は低くなります。例えば過換気症候群が考えられます。急に胸や息が苦しくなって、はぁはぁと早い呼吸をして、冷や汗をかいたり、強い不安を感じたりする状態です。

怖い病気

脳卒中(脳出血、脳梗塞)

手足が痺れると脳卒中を心配する人が多いですが、しびれだけを症状とすることは稀で、手足を動かしにくい、ろれつが回らない、意識状態が悪いといった症状も同時にあることが多いです。

受診の目安

・あるとき突然起きた
・頭痛がある
・手足が動かしにくい
・ろれつが回らない
・意識状態が悪い

診療科

脳神経外科

頭痛があるとき、突然起きたとき、ろれつが回らないとき、意識状態が悪いときに適していて、脳卒中脳出血脳梗塞)、脳腫瘍の診断、治療ができます。脳神経外科では、変形性頚椎症など首の脊椎の病気を診断・治療できるところもあります。

神経内科

突然起きたとき、ろれつが回らないとき、意識状態が悪いとき、数週間以上かけて悪くなっているときに適していて、脳梗塞やその他の神経の病気の診断、治療ができます。

整形外科

手足の痺れや痛みがあるときに適していて、変形性頚椎症など首の脊椎の病気の診断・治療ができます。

検査

頭のCT、MRI

脳卒中脳出血脳梗塞)や脳腫瘍、その他の神経の病気の診断の役に立ちます。

首や腰のMRI

変形性頚椎症など脊椎の病気の診断に役に立ちます。

治療

原因の病気に応じた治療が行われます。



関連するリンク