のどのいたみ
喉(のど)の痛み

朝起きたら喉が痛い。突然のどの痛みが襲ってきた。

突然喉が痛くなったことで困った経験はありませんか?朝起きたら突然のどの痛みが襲ってきた人の具体例を見ながら、喉の痛みについて考えていきましょう。

1. 送別会でカラオケに行った翌朝から喉が痛い

佐々木さんは会社勤めの29歳の男性です。

毎日朝から晩まで働いていますが、昨日は会社の送別会で少々飲み過ぎました。

今朝起きると喉が痛みます。

なんで喉が痛いんだろうと思い返してみると、昨日の飲み会でカラオケに行ったことを思い出しました。

「ああ、きっと歌いすぎて喉を傷めたんだな。」

と思った佐々木さんはいつもと変わらず出勤しました。

ポイント:喉の痛みは様々な原因で起こりうる

喉の痛みは声の出し過ぎでも起こりますが、いろいろな病気の症状としても起こります。

原因となる病気は以下のものになります。

  • ウイルス感染(例:インフルエンザウイルス感染など)
  • 細菌感染(例:溶連菌感染など)
  • 感染症以外の病気(例:亜急性甲状腺炎など)

各々の病気は治療法が変わってくるため、どうして喉が痛いのかをしっかりと考えていく必要があります。

上の病気の詳しいことに関しては、喉の痛みの原因:喉風邪?喉の炎症・腫れ?喉が痛い病気?の項で説明していますので参考にしてください。

2. 出勤してみたもののだんだんと喉の痛みがひどくなってきた

佐々木さんは仕事中に水を飲んだ際に、喉の痛みがひどくなっていることに気づきました。

「どうしよう。水も飲めなくなってきたぞ。」

なんだか様子がおかしいので、佐々木さんは昼休みに近くのクリニックに行って診てもらうことにしました。

クリニックを受診すると、診察の前に問診票(質問票)を書きました。

いつから喉が痛いのか、よく喉が痛くなるのか、何か持病があるのかといったことについて問診票に書きました。

その後お医者さんに診てもらうと、「咳や鼻水はありますか?」「熱は出ていますか?」「飲んだり食べたりできていますか?」と聞かれました。

ポイント1:どういった症状が出ているのかで喉の痛みの原因が見えてくる

喉の痛みの多くは感染によるものです。

喉の痛みを起こす感染は、ウイルス性感染と細菌性感染に分けられます。

中でも有名なのが細菌に分類される溶連菌(溶血性連鎖球菌)感染症です。

溶連菌感染症になったときの特徴には以下の4つがあります。

  1. 38度以上の熱がある
  2. 咳(せき)がない
  3. 喉の奥にある扁桃腺に白い付着物(白苔)がある
  4. 首の前側のリンパ節が腫れており、押すと痛みがある

おおよその目安として、上の4つの項目のうち3つ以上当てはまる場合は溶連菌感染症を考えることになります。

外来で佐々木さんは、熱があることや咳がないことを確認されていますが、その場面ではお医者さんは溶連菌の症状があるのかどうかを意識して聞いています。

ポイント2:ものを食べられないのは危険なサイン

喉が痛い時に気をつけなければならないことの1つに、食べたり飲んだりできるのかというポイントがあります。

喉が痛いとなかなかものが喉を通らなくなりなますが、飲食ができなくなると喉の痛みが悪化しやすくなります。

特に飲めなくなった場合は、点滴をするために入院となることもあります。

それはなぜかというと、飲めないことで薬が飲めなかったり脱水になったりするからです。

薬が飲めないと痛みがなかなか引きませんし、脱水になると身体のバランスが乱れて重症になりやすくなります。


 

3. 溶連菌の感染を疑って抗生物質をもらった

お医者さんは身体を診察しながら突然変なことを聞きました。

「性風俗店によく行ったりしませんか?」

佐々木さんは特に覚えがなかったので、「行っていません。でもどうしてですか?」と聞きました。

するとお医者さんは「そういうお店に行く人は、クラミジアとか淋菌とかの特殊な喉の痛みも考えなくてはいけないんですよ。でも佐々木さんは溶連菌による喉の痛みのようです。」

そう言うと、お医者さんはペニシリンという抗生物質を処方してくれました。

ポイント1:クラミジアや淋菌によって喉の痛みが出ることがある

特に大人ののどの痛みの原因の1つに性病関連のものがあります。

具体的には、クラミジアや淋菌による咽頭炎です。

これらは、性風俗店によく行く人や複数のセックスパートナーがいる人に起こりやすいです。

また、治療薬も特殊なものを使う必要があります。(どんな抗生物質を使うのかは喉の痛みに効く薬:喉が痛いときはこの薬を飲もう(抗生物質など)の項で詳しく説明していますので参考にして下さい。)

ポイント2:溶連菌による喉の痛みにはペニシリンという抗生物質がよく効く

溶連菌による喉の痛みに対しては、ペニシリンという古くから使われている抗生物質が最も有効です。

ペニシリンの飲み薬であるアモキシシリン(サワシリン®、パセトシン®)がよく治療に使われます。

溶連菌感染の再発を予防する意味でも、10−14日の長期間抗生物質を飲む必要があります。

4. 抗生物質を飲んだら翌日には症状が良くなった

佐々木さんはもらったサワシリンという抗生物質を飲んだら翌日には喉の痛みが和らいできました。

でも、お医者さんが「症状がなくなっても必ず10日間抗生物質を飲んでくださいね。」と言っていたので、

本当にいるのかなあと思いながらもきちんと抗生物質を10日間分飲みきりました。

その後は特に喉の痛みが出現することなく、佐々木さんのいつもの生活を送れています。

さて、ここまでの話の流れは喉の痛みでよくある展開になります。

しかし、実際にはもっといろいろなパターンが考えられるため、それらをきちんと判断する必要があります。

そのため、このサイトでは喉の痛みや溶連菌についての知識を次のページから説明していきます。

是非ごらんになって参考にして下さい。